1. sping

    podcast, 体験者の声

    [音声]慢性疲労症候群の患者さんのケース

  2. 20160305

    活動員の記事

    医療の在り方を考えてみる

  3. 20150404−5

    講座・イベント関連

    『治す力を育てる』講習会終了!

  4. 20160414

    歴史・経済, 西洋医学関連

    戦後の病気と健康について

sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items

トップページ内容

双龍門では、古来から伝わる"正統"かつ"本物"の医術を用い、様々な症状に対応しています。

中には、一般的な常識とはかけ離れた理論もありますが、世間の風潮に流される事なく、短期的なブームに踊らされる事もなく、常に一貫して"本物"であることを追求し、施術を行っています。

双龍門は「どなたにも優しく対応する」というわけではなく、人によっては注意や指導をする場合があります。

人によっては"双龍門と合わない"方もいらっしゃいますので、比較的"双龍門と相性がよい"であろう方の特徴を箇条書きにしてみました。


  • 日本の医療システムに疑問を持っている方
  • 西洋医に「手遅れです・・・」と言われてしまった方
  • なんとしてでも(極端な食事制限があっても)難病を治癒したい方
  • 大切な孫のために長生きしたい方
  • 本当に信じられる健康情報をお探しの方
  • 健康に対する自己投資に意欲的な方
  • 一生涯追求できる趣味を持ちたい方
  • セルフマネジメントの重要さをわかっている方
  • 西洋医が尊敬する医術を体験したい方
  • "本物のオーラ"を体感したい方
  • 短期集中で本気で体質改善をしたい方
  • 真実の歴史、真実の情報を追求したい方
  • 一生涯現役で夜を楽しみたい方

このような方向性に賛同できる方であればぜひ、

gosouodan3


双龍門でこれまで施術してきた実績(一部)

肩こり(四十肩、五十肩)、腰痛、椎間板ヘルニア、座骨神経痛、頭痛、膝の痛み、肩鎖関節亜脱臼、テニス肘、産後の骨盤矯正、小顔矯正、猫背、顎の噛み合わせ、難聴、更年期障害、子宮筋腫、PMS、パニック障害、アトピー、花粉症、便秘、むくみ、冷え性、癌(がん)、間質性肺炎、クローン病、リウマチ、ホットフラッシュ、白血病、糖尿病、肝硬変、緑内障、子宮筋腫、アミロイドーシス、脳出血後の半身不随、血小板減少性紫斑病、脳脊髄液、減少症、脊髄小脳変性症、眼の黄斑変性、青班変性、赤班変性、白内障、再生不良性貧血、重症筋無力症、線維筋痛症、肝炎、魚鱗癬、統合失調症、双極性障害、気管支喘息、ベーチェット病、ギランバレー症候群、木村病、橋本病、バセドウ病、他


患者さまの声

P1040103P1040229ishikawa20151109-3a2011k1110mes003mes004P1040202


>>他にも多数のご感想をいただいています♪

肺がんからの復活!施術10分で呼吸が楽に♪
*音がでますのでご注意ください。

K.Kさん
症状
呼吸困難、血痰、かっ血、めまい、下血など

施術前の様子

ひどい呼吸困難で、肺が水浸しになっているような感じがあり、肺の上の方1/3くらいしか使えていないような感じ。

最初は上を向いて寝れず、横を向いて施術をしてもらいました。

施術中の様子

施術開始後10分いかないうちに、突然空気が通るようになり、肺が水浸し状態だったのが、一気にクリアになった。

施術も不思議な感じで、足の方から細い針がひゅーっと上がってきて、内臓をつつかれたり、触られているような感じがしました。

施術後の感想

その時限りで、せいぜい3日でも経てば息苦しさが戻るんじゃないかなって思っていたんですが、初回の施術以来、呼吸困難は完全に解消しました。

あれは本当に驚きました(笑)



全国各地よりご来院いただいています♪

circle3

海外:中国,香港,タイ,ベトナム,シンガポール,マレーシア,フィリピン,アメリカ,ベルギー,フランス,スペイン,クロアチア

2015年11月現在


なぜ双龍門では一度で効果を実感できるのか?

topsejutu
『東洋医学とか整体ってマッサージでしょ?気休めなんじゃないの?』

初めて来院された方の中にはそのように思われる方も少なからずいらっしゃいます。

しかし、一度双龍門を体験頂くと、『全然っ違う!』と驚かれ、困ったらまた来院される方がとても多くいらっしゃいます。

なぜ双龍門は一度で効果を発揮できるのか?

その答えは、古来中国から脈々と受け継がれている"陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)"を軸に、

経穴(ツボ)・筋肉(経筋、筋膜)・薬膳・足反射区・氣功

などを柔軟にとりいれ、20年以上の経験を経た理論を元に患者様の内臓に直接働きかけるため、本人がびっくりしていまう程の効果を体感していただくことができるのです。

*効果には個人差があります。

"本物"である証(推薦の言葉)

平田病院 泌尿器科 庵地 孝嗣 先生
P1040107

私は現在医師として働いています。

数年前から特に抗癌剤を用いた癌治療に対して、

「これはホントに正しい医療なのだろうか?」
「他に出来ることはないのだろうか?」


と思うようになりました。

そんな時に知ったものの1つが中医学でした。

調べていると、大学時代の友人が中医学のスゴイ先生を知っていることを知りました。

それが双龍門第76代継承者、『黄 龍英』先生でした。

友人を介して、『黄 龍英』先生は癌だけでなく西洋医学では難病と言われている様々な病気を改善させてきたことを知りました。

そうなると当然、「黄 龍英先生にお会いしたい」と思うようになりました。

それからあれよあれよという間に話が進み、『黄 龍英』先生が日本に戻られる際にお会いすることとなりました。

そしてその時に話していただいた病気の話とそれに対して施行された治療の話。

それらは非常に納得できるものであり、私の疑問を解決するものでした。

同時に「これは本物だ」と確信しました。

その後実際に自分も施術を受け、食生活を変えることで、膝の痛みから解放されました。

(あれ、そういえば腰もほとんど痛くなくなってる)

「これは本物だ」という確信はますます揺るぎないものとなり、双龍門の虜になってしまいました。

また自分の施術において四柱推命を用いて、バランス診断していただいたのですが、そこから読み解かれるこれまでの事や自分の性格などよく当たっていること…

双龍門の秘儀の奥深さに驚嘆したことを今も覚えています。


こだまクリニック医院長 精神科 児玉 穣 先生
kodama


京都にて精神科クリニックを開業している現役精神科医。

うつ病、統合失調症、躁うつ病(双極性障害)、不眠症、パニック障害、摂食障害をはじめ、思春期の問題や、夫婦関係の問題、恋愛の問題、身体の悩みに至るまで、これまでに5万人の治療を行ってきた。

その中で、西洋医学のみの治療では改善できない症状があることを知り、そのジレンマに悩まされていた。

そんな時、黄龍英医師の治療のあまりのすばらしさに驚き、弟子入りを志願。黄医師より伝授された様々な技術をもとに、これまで治せずにいた患者さんたちの苦痛を取り除くことができるようになった。

現在は東洋医学(中医学)と西洋医学の融合により、本当の意味での治療とは何か、ということを常に追求し、患者さんに「病気をする前よりも元気になってもらう」ような医療を日々提供している。

日本精神神経学会専門医。


針灸師 M.Nさん
私は鍼灸師なので東洋医学を学んできています。

しかしながら、専門学校で学ぶ東洋医学は国家試験に受かるためだけのものでしかありませんでした。

実際の治療に役立つ内容は殆どありません。

資格取得後、治療にかかわるセミナーに色々と参加していたところ、昨年大阪の心斎橋で東洋医学セミナーが行われることを知り参加いたしました。

そのセミナーこそ、双龍門との出会いでした。

セミナーを受けた後、自分も絶対診てもらうべきだ!と直感したので、八王子での治療を申し込みました。

その頃の私は体力がなく、前年に心臓の病気が発見され治療したものの、動悸や脈の乱れが気になっていました。

更に低血糖症状やステロイド剤が手放せないほどの花粉症がほぼ通年を通してありました。

八王子での治療と並行し食事の改善をしていくうちに、治療に励んでいることを知らない両親から「最近顔色がいいし、余計な脂肪が落ちてスリムになった」と言われました。

自分自身も身体が軽くなり、体力不足による疲労感が減少していくのを感じました。

もちろん、気になっていた症状も改善し、今春の花粉症は殆ど症状が出なくなり、ステロイド剤どころか抗アレルギー剤さえも不要となりました。

このことが双龍門が本物だという確信に繋がりました。

八王子の治療院で治療を受けたことにより改善していくのを実感し、日に日に双龍門の素晴らしさを認識しました。

また、自分も先生のような治療家になれたら・・・・という気持ちが出てきました。


患者さまの声

起床時の腰痛がとれました!
20150711-2
Kさん
症状
腰痛:起床時に腰が重く痛みがあり、すぐに身動きが取れない状態。腰痛は朝だけで午後には痛みがひく。

施術中の様子
寝起き腰痛の症状がでていること、そして自分では体の歪み(脊椎そくわん)が原因ではないかと思っていることを伝えました。

するとすぐに、

「体の歪みではない、【滞っている】のが原因」

だと教えてくれました。

(とどこおる。。。? 何が?リンパ?それとも血流?)

安易にネット検索で調べても出て来なかった言葉に頭が「?」となりました。

東洋医学語に疎いので、正直「滞る」いう聞き慣れない言葉が理解できず、どうしても気になったので 後ほど質問させていただいたところ、『気・血・水』のそれぞれの力のバランスが悪いため、エネルギーが流れ難い状態になっていたようです。

生命エネルギーを維持する力、体に栄養を運ぶ血、体を調節する体液。。。どれかひとつだけ大事と言うわけではなく、やはりそれぞれがちゃんと機能しないと不具合が起きるのだなぁと思いました。

その日は「滞り」をなくして「流れ」をよくする施術を受けました。押してもらった箇所はどこも鈍い痛みがあり、(ふだん意識しない場所ばかりだったので)自分でも驚きました。

施術後の感想
あとで自分で押してみたのですが、何かが違います。

先生は力の加減や色々な技術を用いて施術しているので、ただむやみに押しても仕方ないですね(むしろ悪化しないか不安です 笑)

そして翌朝。

あの重かった腰痛が完璧に取れていました。さっとすぐに立ち上がれたので、一体あの腰痛は何だったのだと思いました。

先生のことは信頼していましたが、まさかこんなに綺麗に痛みが取れるとは思っていませんでした。

この時の正直な気持ちは。。。

『恐るべし、東洋医学&『黄 龍英』先生!(笑)』

ベーチェット病が改善された!
サフラン
K.Iさん
症状
肝臓の調子が悪い。ベーチェット病。日々動くこともできなかった。

施術後の感想
黄 龍英先生のお蔭で、肝臓のAST(GOT) 、ALT(GPT)、 γ-GTPの全ての数字が正常値となり驚いております。

そしてもう元気で働けるようになったのでお化粧したくなりました。

ありがとうございます。

ピンポイントで下腹部の痛みの原因が・・!
20150729-6
M.Kさん
症状
息苦しさ、耳の異音、体のだるさと若干の不調。不定期にやってくる下腹部の痛み(生理痛に近い症状)

施術中の様子
先生は私の足首から膝までを(直接触らず)手で何かを確認するようなそぶりを何度かしたあと、足のある場所を指して

「この部分が冷えている」

とおっしゃいました。

そして「まだまだ貧血だ」と教えてくれました。

直接肌に触れずにどうして悪いところがピンポイントで分かったのだろう、私の血や気の流れを確認して下さったのだろうか。。。

と不思議でなりませんでした。

ただ、貧血に関しては思い当たるところがあります。

今はしていませんが、献血を継続的にしていた時期があります。

ですがある時から血液中の鉄分の量が若干少ないという理由で献血を断られることがたびたびありました。

先生に指摘された場所も、血の流れに関する場所でした。

下腹部の痛みは血の巡りが悪いこと(東洋医学では「お血(おけつ)」というようです。)これが主な原因でした。

痛みが出た時はこの部分を温めるようにと、具体的に温め方も指導して下さいました。

下腹部を直接温めることぐらいしか頭に無かった私には少し不思議な気持ちでしたが、痛みへの対処法を知っただけでも気持ちがずっと楽になりました。

そして胃にも少し力が無いと更に指摘を受け、食事指導も受けました。

一般的には体に良いと思われるものでも、自分の今の状態に合っていないものを食べていることに気づかされました。

施術後の感想
その夜から早速試してみました。

そしてその夜も夜中に下腹部の痛みが起きて、目が覚めました。

さっそく教えてもらった場所を温めてみました。

はじめは痛みが強く余裕がありませんでしたが、5分から10分ほど続けていると少しずつ痛みが緩和されて体の緊張もほぐれてきました。

(この時は"やったー!"と心の中で叫びましたよ)

それから何度か痛みが起きていますが、この「温め作戦」が効いています。痛みに敏感な私には本当にありがたいです。

ですが、もともとの原因、血の巡りの悪さや貧血、胃の不調を次回までに良くするのが次の目標です。

首筋の突っ張りがほぐれてしまいました
H.Yさん
症状
左の首筋が突っ張る

施術中の様子
施術中僕の足を見て、

「左足を上にして足を組む事が多いですか?」

と聞かれ、確かにほぼ無意識の内に、左側を上にして足を組んでしまう事が多く、ズバリ言われたのでびっくりしました。

どうやら、足を組んでしまう事によって、血の巡りが悪くなっていたみたいでした。

施術は確かに痛い所もありましたが、幸いにして声が出てしまう程の痛みはなく、痛気持ち良い感じでした。

最後は気持ち良くて少し寝ていたと思います^ ^

施術後の感想
本当に身体が軽く、僕の場合、左側の首筋がどうにも突っ張ってしまっていて、今までどんなに揉んでも押してもほぐれなかったのですが、ここ何年か振りにほぐれてしまいました!


父の腰痛・膝痛の原因が判明しました
20150623-3
H.Yさん
症状
腰痛、膝・膝下痛

施術前の様子
数年前に半月板の手術を受けたことがあり、今は膝や腰にサポーターを巻かないと痛くてたまらないという父親。急に背骨がまがり、歩くのも痛む右足をかばって地面をずるようにノロノロと歩き、時折痛む膝下をさする姿は見ていて 辛いものがありました。

西洋医学では、父の膝痛を治す事はできませんでした。レントゲン、MRI(ヘルニアが出ているとは言われました)を受け、神経ブロック注射を受けても痛みが格段と減る事はなく、むしろ手術を受ける事を進められてしまいました。

母親は手術までは受けさせたくないと渋り、気休めに町の鍼灸院で鍼治療をしてもらう程度。でも、症状は変わりませんでした。

私はパートナーの薦めもあって、私たちがお世話になっている東洋医学(中医学)の先生に診てもらうことを父母にすすめ、父を連れて診てもらうことにしたのです。

施術中の様子
先生は少し父の体に触れただけで、「原因」を教えてくれました。それが予想外だったので正直驚きました。私たちは腰痛やヘルニア、過去の膝手術などが今起きている不調の原因ではないかと思っていたのですが。。。

父の体は「筋肉がガチガチに固く」なっている状態で、とくに「股関節」が悪いとのこと(固くなっているようで、少し触っただけで父も痛いと言っていました)。この股関節の悪さで、内臓の「脾臓(ひぞう)」が動かなくなり、背骨が曲がってくるとのことでした。

そして股関節を支えようとして右足(右ひざ)が痛くなっているとのこと。(股関節は左右両方悪い)。定期的に施術や股関節体操で筋肉をほぐす必要があるようです。

母親が言うには、父は本当に体が固く、手足をのばすのも苦手だとか。。。

また、右ひざ下がつっぱり、痛みがでるのは、足裏が冷えているからで、足湯またはカイロを貼ることを薦められました。これもまた母親に言われて知ったのですが、父はすごく冷え性だったのです。

施術後の感想
西洋医学では考慮されないであろう「筋肉の固さ」や「内臓の弱り」そして「冷え」が痛みの原因だと今回知る事ができました。あとは定期的な施術、漢方や 本人の努力(冷やさない、体を固くさせない)が必要ですね。。。

父親を連れて行くのは大変でしたが、(迷惑をかけるとか言ってごねるんですよ~面倒くさいです笑)

先生に診てもらってよかったです。東洋医学(中医学)のすごさに改めて感動。。。それはもちろん、先生の腕と膨大な知識のおかげ(笑)

東洋医学を知ると、今まで知らなかったことをたくさん知る事ができ、いつも驚かされます。割とシンプルで、明日からすぐ出来そうなことも多いです。でも、「継続」できるかどうかはその人自身の問題ですね。体によいものはある程度お値段もしますし、忙しい日々の中で体操を続けるのは面倒だと思う事もありますからね。。。 自分の「やる気」が試されます(笑)
*効果については個人差があります。

施術の流れ

  1. 各整体院にお電話かメールにて施術希望とご連絡ください。
  2. 内容確認後、施術日などお返事をさせていただきます。
  3. 来院時、予診表に現在の症状をお書き頂いた後、カウンセリングを致します。
  4. 施術者より施術を行います。所要時間40分〜 施術内容や患者様の状態により施術時間は前後します。
  5. 施術後、患者様の状態にあわせたアドバイスをさせて頂きます。

*各整体院の地図・連絡先をクリックすると下にスクロールします。

各施術内容の説明

双龍門では様々な施術を扱い、患者さまの健康をサポートさせていただいています。

それぞれ簡単にご紹介させていただきます。

双龍点睛整体術とは?

adjust3ransei-sejutsu


内臓に直接アクセスできると言われている12本の経脈と、それらを束ねる8本の奇脈。また体の表面・表層に360も存在すると言われている経穴(ツボ)を、双龍門独自の手技を駆使して効果的に刺激することで、病や不調の根本的な原因となる臓腑へ影響をあたえ、体の内部からの改善を目指します。

また根本的に身体の環境を改善させるための食事方法や、ご自身で行えるセルフヘルプなどのアドバイスを行う場合もあります。

r001r004r006r008

双龍門足反射区療法とは?

P100083720150930

足裏を揉むことで『気・血・水』のバランスを整えて体の調子を改善させる療法になります。

『気』とは、人間の生命活動を維持する力。

気が無くなると魂を繋ぎ止める力が不足して生命を維持できません。

主に大気や食物から取り込まれ、体の正常な働きに必要なエネルギー源として体を巡る生命エネルギー(代謝・運動等のエネルギー)になります。

『血』とは、血液のことで各臓器や組織に栄養分を与えます。

血液が無くなれば栄養が不足して生命を維持できません。

健康を維持するために、全身に栄養を運び、老廃物を回収する働きがあります。

『水』とは、体液(汗、唾液、尿、リンパ液、関節液など)のことで体全体を潤し、体内を循環して体温を調節したり、老廃物を体外に排出をなどを行う水分となります。

体液が無くなれば悪いものが体に溜まり、気血を通すパイプラインが途絶えてしまい生命を維持できません。

臓器をスムーズに働かせる潤滑油の働きがあります。

『気・血・水』のバランスを整えることで自然治癒力や免疫力を高めます。

健康な方でも気血水の流れを良くしますのでより健康的になります。

双龍門足反射区療法を施術している最中の動画を一部収録したのでぜひご覧ください。

*音がでますのでご注意ください。

足反射区療法の感想もいただけました♪
*音がでますのでご注意ください。

20151113a002004r005

双龍門筋肉調整法とは?

P1020557P1020785

筋肉の捻れや歪みを調整し、筋肉を元の位置に戻すことでエネルギーの流れを作り、様々な症状を改善に導く施術になります。

筋肉は脾臓(ひぞう)と繋がっていると考えられており、筋肉を調整することで脾臓の働きも調整いたします。

脾臓は消化酵素を出す働きや、身体中に適切な量の血を運ぶための物流会社の管理センターのような働きをしている臓器になります。

脾臓の働きが悪いと体の必要なところに血が行き渡るように指令が行かず、栄養が不足してしまい体のあちこちで血が滞って痛み、コリ、浮腫みなどが起こります。

筋肉を調整することで脾臓の働きを良くし、エネルギーの通り道を作り健康にしていきます。

双龍門筋肉調整法を施術している最中の動画を一部収録したのでぜひご覧ください。

*音がでますのでご注意ください。

さも足を捻っている様に見えるかもしれませんが、あくまでもただ"押しているだけ"なんです。

自分の筋肉が自動的にズリズリっと動いていく体験、ぜひ堪能してみてください。

『黄 慶山』による双龍門筋肉調整法の解説はこちら

mes22P1040107P1040209

双龍門氣功法とは?

kikou22kikou

東洋医学には"未病(みびょう)"という考え方があり、
病気になる前に、病気にならないように体力や免疫力をつけておくことが重要とされています。

自分の免疫力を高める方法として、氣功は大変有効な方法です。

身体中を流れる経脈というエネルギーの流れを意識しながら、
様々な動きと呼吸を組み合わせる事で内臓を活性化させ、
病気知らずの身体をつくりあげる事が可能です。

また、氣功を続けるにつれ、
様々な身体の不調がどんどん解消していきます。

例)便秘、冷え性、頭痛、肩こり、腰痛、更年期障害、勃起障害、目の疾患、消化器官や腸の疾患など。

自宅で気軽に取り組む事も可能です。

mes003P1040341-a

アクセス先

東京(八王子) 同仁堂中医薬学研究所
042-622-2209
住所:〒192-0066 東京都八王子市本町21-7 同仁堂中医薬学研究所
行き方:
・JR八王子駅より徒歩15分
・タクシーでお越しの際は、老人ホーム幸楽一番館 と伝えていただければスムーズかと思います。(幸楽一番館の向かいになります。)

施術日時:不定休 時間は相談いたします。


mail-button

東京(八王子)同仁堂中医薬学研究所の詳細を見る

P104020620151113ayasuda1

京都:双龍門整体院
075-746-5860
住所:〒602-8026 京都市上京区新町通丸太町上ル春帯町349−1 永楽アパルシオン202号室
行き方:
京都駅から地下鉄烏丸線:国際会館行きの地下鉄に乗り、『丸太町』駅で下車されてください。
(京都駅から4駅、運賃は260円です。京都駅から約7分で丸太町駅に着きます。
丸太町駅から徒歩10分です。
施術日時:平日10時〜16時 *他の時間をご希望の場合はご相談ください。

mail-button
京都:双龍門整体院の詳細を見る

001006005007

宮崎:善按配
0987-25-5178
090-8910-4446
住所:宮崎県日南市大字板敷267-3
行き方:
・日南振徳高校手前の点滅信号を左に曲がって80メートルです。
・飫肥駅から歩いて約10分ほどです。
施術日時:不定期 10時~18時 時間は相談に応じます。
ianbai-map
mail-button
宮崎:善按配の詳細を見る
善按配ホームページ(別ページにジャンプします。)

mes001mes11212015112520151127-1

施術料


・双龍点睛整体術・・点睛
・双龍門足反射区療法・・足
・双龍門筋肉調整法・・筋肉
・双龍門氣功法・・氣功

   
施術内容/住所 東京:八王子 京都 宮崎
点睛 ¥10,000(税別) ¥10,000(税別) ¥6,000(税込)
筋肉 ¥10,000(税別) - -
氣功
>>>料金の詳細
¥10,000(税別) - -
¥5,000(税別) - ¥4,000(税込)
その他 - - 点睛+足
¥7,000(税込)


双龍門占術について

senjutu2
え?占い?整体なのに?

初めて双龍門をご覧になられた方の多くは、"双龍門占術"というものにびっくりされます。

しかし、実は中国では、
gojutu

を全てを使いこなしてこそ一人前と言われています。

命・・四柱推命
卜・・易経
相・・顔相、手相、風水
医・・中医学(東洋医学)
山・・氣功、薬膳


いずれも"陰陽五行説"や"易経"の考え方がベースになっています。

恋愛、ビジネス、株、探し物(人)など、人生における様々な事に対し、今のご自身の立ち位置や傾向と対策を図るうえでとても便利な技術になります。

また、中国五術をマスターされた『黄 龍英』先生より、"双龍門占術"についてお話をいただいていますので、ぜひご確認ください。

*音がでますのでご注意ください。

文字起こし版はこちら
さらに詳しい解説も用意していますのでぜひご覧ください。

senjutu-button2


sen1121
ページ上部へ戻る