ストレッチで筋肉の『ねじれ』を防げるのか?

ストレッチ

体の柔軟性を保つために重要と言われているストレッチ。

自分はソフトボールというスポーツをやっていることもあり、ストレッチを頻繁にしていた時期がありました。

その時は慢性的な腰痛を抱えていたし、ボールを投げれば肩が痛むしという状態で、なんとか自分の力(ちから)で改善するために、ストレッチを続けていました。

その時はわかりませんでしたが、自分の腰や肩の痛みは筋肉の『ねじれ』が原因で起こっていたこと。

筋肉の『ねじれ』を改善してからでないと、ストレッチをしても全く痛みやコリは改善できないということを、東洋医学(中医学)の筋肉理論を学んでから理解することができました。

なので、ストレッチを一生懸命行なったところで、腰や肩の痛みがなくなることはなかったわけです。

YouTubeでストレッチの説明映像を見ていたら。。。

でも、『双龍門筋肉調整法』をしていると、

「ストレッチをしたほうがいいですか?」

とか、

「筋肉の『ねじれ』を防ぐためのストレッチとかありますか?」

とか、聞かれることが多い。

何かいい方法はないかなと思っていたところ、『張美竹(ちょうめいちく)』先生が肩甲骨のストレッチを紹介した動画を見ているではないですか!

自分も便乗して見ていると、『張美竹(ちょうめいちく)』先生が

「この人、顔歪んでるよ!」

というのでよく見てみると、確かに歪んでる。。。

しかもこれはかなりヤバいレベルの筋肉の『ねじれ』。

「ストレッチを教えるよりも、ご自身の筋肉の『ねじれ』を改善したほうがいいと思う。。。」

と『張美竹(ちょうめいちく)』先生と顔を合わせながら、つぶやいてしまいました。(~_~;)

筋肉の『ねじれ』とはどんなものかわかる映像

ちなみに自分が見た動画は、これ↓

この方の場合、向かって左側の頬はぼてっとしているのに対し、右側の頬はシュッと上がっています。

それに無意識に左側に頭が傾いている状態。

これは胃につながる筋肉が『ねじれ』を起こしていて、全身が映った映像で確認すると、体幹部も『ねじれ』を起こしており、バランスを取るため、左側の肩が下がっているのが、映像で確認することができると思います。

たぶん甘いものの食べ過ぎですね、この方。。。

この状態ではストレッチをしても、腰や肩に痛みやコリがある状態だと思われます。

ストレッチを教えている人なので、そんなことは口に出さないと思いますが、かなりつらい状態だと映像を見て判断することができるのです。

ストレッチに変わる『ねじれ』を防ぐ方法とは?

自分自身はストレッチを全否定しているわけではなく、筋肉の『ねじれ』が起こっている状態でストレッチをしても、あまり効果がないということをお伝えしたいわけです。

でも、伝わったら当然、

「ストレッチがダメなら、なにがいいの?」

となるわけで。。。

ストレッチに変わるもの。。。

そこで自分は『黄龍英(おうりゅうえい)』先生に確認。

「筋肉の『ねじれ』を自分の力(ちから)で改善する方法ないですか?」

とお聞きしたところ、

先生:「もう知ってるよ。前に教えたあれだよ。」

自分:「あれって、あれですか?」

先生:「そう、あれ。」

筋肉の『ねじれ』を自分の力(ちから)で改善するための方法は、『黄龍英(おうりゅうえい)』先生からすでに伝授されていたのです。

その方法は気功法になります。

ただその方法は誰もが簡単にできる方法ではなく。。。

十分に気功の経験を積んでからでないと危険なため、まだ一般的には公開していない状態です。

ということで、腰や肩といった関節に痛みやコリを感じたら、ストレッチでなんとかしようとは考えないで、まずは『双龍門筋肉調整法』を受けていただき、筋肉の『ねじれ』を改善してから、体の柔軟性を取り戻していただきたいと思います。

『双龍門筋肉調整法』お問い合わせ

 icon-check-square-o http://souryumon.com/contact/tact/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 『じゃがバター』を召し上がったことはありますか? よく露店で見かけるかと思います。 現代では税…
  2. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  3. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  4. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  5. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
ページ上部へ戻る