北斗晶さんの乳がんを受けて

Labor für das Krankenhaus der Zukunft

最近なぜか芸能人のガンのニュースが耳に飛び込んでくる。

今井雅之さん(大腸がん)、今いくよさん(胃がん)、黒木奈々さん(胃がん)、川島なお美さん(胆管がん)。

そして、乳がんを患ったという北斗晶さん。

右乳房全摘出手術が成功したというニュースははいってきたものの、北斗晶さんの夫である佐々木健介さんのコメントの中に気になる内容が・・

北斗のがんは乳頭の真下近く。直径約2センチ大の腫瘍だった。今年初夏に「チリチリする痛み」を感じて検査を受け、7月7日に乳がんと告知され、23日に自身のブログで明らかにした。脇のリンパに転移している可能性があり、術後に抗がん剤治療を始める。

術後に抗がん剤治療を始める。・・

術後に抗がん剤治療を始める。・・

なぜ・・・

ちょうどタイムリーに『黄 龍英』先生からFacebookにてコメントがあったので転載させていただくと、

黄 龍英先生
癌に勢いをつけさせるのが放射線 手術 抗癌剤 の三大療法です。癌は血の汚れ だから決して滞るようにしてはいけません。でも3大療法はこの禁忌の滞りを作ります。だから、増癌療法なんです。

以前の記事にも下記の記載がある。

癌の三大療法はからだにこの無理をさせることにあたるものだ。

1. 放射線療法は癌を作るし、
2. 手術は極端に体力を奪う。
3. 抗ガン剤は猛毒で大概はこの薬でやられる。

(詳しくは「がんより怖いがん治療 近藤誠著」を読まれると良い)

参考記事:西洋医学の癌(ガン)の誤解と基礎理論の間違いについて

東洋医学なり代替医療に着目しだしている人にとって、

放射線・手術・抗がん剤の三大医療がいかに体に悪影響を及ぼすかというのは周知の事実で、例えガンを除去できても、免疫力の低下による合併症が発生することもすくなくなく、

お医者さんがガンになっても抗がん剤は打たない

というのは定説なのだけれど、残念ながら一般の人にとってはいまだ、西洋医学のお医者さんが絶対的な存在になっているのか、それとも情報不足か・・

そもそものガンの理論が、約150年前のトンデモ理論なんだから。

150年前、ウィルヒョウ(ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・フィルヒョウ)という人が話した説が有力になり、これが現代医学・近代医学の基礎になっちゃった。

====

ロックフェラー医学になったことで、医者が薬で病気を治す、という考えになった。

とすると、自然に病気が治る事はない、という理論になる。

放射線と、薬漬けと、手術。

どれも体力が弱るんだよね。

人間には免疫という作用があるんけど、これは完全に無視ってことになったので。

参考記事:[音声]非常識なガンと血液のお話~双龍門Ch.#012

マンモグラフィーの信憑性

北斗晶さんが毎年マンモグラフィーで検査をしていた、のにも関わらず見つからず、気づいたら、”直径約2センチ大の腫瘍” ができていたというのもはなはだ怪しくて。

先生いわく、

黄 龍英先生
検診しなければガンにならないケースがほとんどです。触診で十分です。食生活が本当に大事です。腎と胃脾に力があればガンにはなりません。
黄 龍英先生
早期発見できる、は全然役に立ちません。それよりマンモグラフィ検査で被爆して癌が新たなところにできることが問題です。検査で癌を作り出しているんです。西洋医学ではまず絶対に癌は治せないですし、癌こそビジネスになる病気ですから、「治療はしません」よ。
黄 龍英先生
乳がんは手術しなければむずかしくない治療しやすい病気です。食事療法と漢方薬で簡単に完治します。

というコメントを残されている。

ではどうすれば? という方に対しての返答もあり、

黄 龍英先生
食生活をまず変えることです。食事 睡眠 精神のあり方や考え方などです。まずは西洋医学は医学ではなくビジネスだということを理解することです。騙されてはいけません。食事療法で今多くの患者さんを治療しています。

との事。

以前に比べれば放射線・手術・抗がん剤の三大医療による悪影響の情報が出だしてはきているものの、まだまだ知らない人が大多数なのだろう。

北斗晶さんには頑張って欲しいしまた芸能界に復帰して欲しいと願っているからこそ、抗がん剤以外の道、例えば双龍門を、ぜひともお伝えしたいと思っているのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 蒼天(おう そうてん)

黄 蒼天(おう そうてん)双龍門氣功法伝承者

投稿者プロフィール

過去、腰痛から左足にかけてのシビレが収まらず、一時期は歩くことすら困難な状態に。

以来健康の尊さを身をもって実感し、健康に関する様々な情報を収集しては実践する日々。

ある日グランドマスターの存在を知るやいなや、いてもたってもいられずマレーシア・ジョホールバルに向かい、師と運命的な出会いを果たす。

現在は『双龍門氣功法』の発展を中心に中医学に関する様々な活動を実践中。

双龍門ホームページ管理人。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  2. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  3. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  4. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  5. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
ページ上部へ戻る