気功の個人レッスンを開始

20150827

先日、『双龍門筋肉調整法』を終え、ゆっくりしていた時のこと。

諸橋さんが小走りにやってきて、

「慶山、先生が呼んでます。」

と言われたので、小走りで先生のもとに行くと、患者さんがおり、

「この人に気功教えてあげて。」

と唐突に言われまして。

先生の施術でお見えになったその男性は、自分よりも身長が大きく、しっかりと筋肉が付いている体型。

いかにもスポーツマンといった方だったのだが、先生が言うには深刻な悩みを抱えているとのこと。

その悩みはここではちょっと言えないが、その悩みを解決する方法として、先生が提案したのが、

「漢方薬と気功、どちらがいい?」

ということだったそうで。

それでその方が、

「気功でお願いします。」

ということになり、定期的に通っていただきながら、自分が気功を指導していくというということになったのだ。

気功個人レッスンの内容とは?

その方が帰った後で、『黄龍英(おうりゅうえい)』先生に詳しく話を聞くと、ずっとラグビーをやっているそうで。

かなり頻繁に筋トレや練習をやり続けており、筋肉自体、見た目はがっちりしているのだが、本人はある体の異変に気づき、先生のところにお見えになったとのこと。

その異変の最たる原因は、激しい運動のやりすぎ。

すでに筋肉に蓄えられていたエネルギー使い切って、生命エネルギーのタンクである『腎』のエネルギーを使い始めているようで、肌は黒ずみ始めていた。

この状態を解消するためには、まず筋肉の緊張状態を解く必要がある。

筋トレなどの激しい運動では、常に筋肉は緊張状態にあるため、筋肉はどんどん硬くなっていってしまう。

硬くなればエネルギーの流れが悪くなり、体にはあらゆる弊害が起こり、症状として現れてくる。

筋肉を健康な状態にするには、『緊張』と『緩和』のバランスをとることが大事

この方の場合『緊張』の状態はすでにわかっているので、後は『緩和』の状態を覚えてもらい、自分自身でバランスをとることで、徐々に症状が改善していくと考えられる。

つまり『脱力』を覚えてもらうための指導を、自分がしていくということになる。

という感じで、今後は施術でお見えになった方に対して、個人レッスンを提案することが多くなってくるかもしれない。

自分も個人レッスンをしてもらいたいという場合は、メッセージやコメントしていただければと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  2. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  3. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  4. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
  5. 段々と肌寒い季節となりました。 夏は陽気に満ちた季節でしたが 秋は段々と陰気に満ちる準備の季…
ページ上部へ戻る