肝熱ファイアファイターズ

APTOPIX California Wildfires
年末から続いた田舎ならではの行事、消防団の活動が、昨日ようやく落ち着いた。

今年の団長はかなりのジャイアンキャラで、毎度毎度飲めや食えや歌えやの大騒ぎで。

何度かはお酒断れつつも、多勢に無勢なので雰囲気に負けることもあったり。

それはそれは楽しかったけれど、その分リバウンドもひどくて。

『双龍門気功法』なりで真に健康になると、ちょっと身体のバランスが崩れただけですぐに自覚できるようになるので。

最近ずっと肝臓の熱が上がりっぱなし。

肝は陰陽五行でいうと木なので、まさに森が火事になるかのように、身体中から不調が表れてくる。

肝臓のあたりが熱くなるわ、吐く息も熱くなるわ。口の脇が切れる口角炎になるわ、ヘルペスはできるわ、足は乾燥してかゆくなるわ、目はシパシパしだすわ、集中力が途切れがちになるわ、メールの確認は漏れるわ・・

いや、ほんと散々。

ようやく落ち着いたので、徹底的に肝熱退治に取り組む事に。

僕は根っからの熱型なこともあり、

無調整豆乳に砂糖不使用の青汁を数本とかして、亜麻仁油も混ぜてのみつつ、ノドが乾いたらノンシュガーのエスプレッソをぐいっと飲んで、人参ジュースにレモンいれたり梅干し食べたり。

『シュー発声』と『虎の目』でどんどん肝臓を動かした後は、風呂に入りながらの足反射区で足をもみこんで、グランドマスターに伝授頂い秘孔を控えめに刺激しては、足の肝熱取りの経穴に○○を当ててみたり。

おかげで今朝よりは随分楽になったと感じる。

身体に不調が出たときに自分でセルフヘルプできるって、改めて凄い事だと思いますわ。

飲まなきゃいいんだけどね、本当は・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 蒼天(おう そうてん)

黄 蒼天(おう そうてん)双龍門氣功法伝承者

投稿者プロフィール

過去、腰痛から左足にかけてのシビレが収まらず、一時期は歩くことすら困難な状態に。

以来健康の尊さを身をもって実感し、健康に関する様々な情報を収集しては実践する日々。

ある日グランドマスターの存在を知るやいなや、いてもたってもいられずマレーシア・ジョホールバルに向かい、師と運命的な出会いを果たす。

現在は『双龍門氣功法』の発展を中心に中医学に関する様々な活動を実践中。

双龍門ホームページ管理人。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  2. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  3. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  4. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  5. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
ページ上部へ戻る