礼の心が命を支える!

食事

“ 礼に始まり礼に終わる ”

食事は命を頂く『いただきます』に始まり

食事を頂けたことへの礼『ごちそうさま』に終わります

食事をするとは

たくさんの『命』を頂き

たくさんの命の支えがあって

食事はできるのですが

食べられる立場になって考えてみると

『食べられたくて食べられる訳じゃない』

と感じます。

ですが『命』を繋ぐためには『命』が必要な訳で

自己の生きる欲のために『命』を奪う行為をします。

この時に『命』を粗末に扱われたら復讐をしたいと思うかも知れません。

もしかすると妖怪となって復讐を行うかも知れません。

そう考えると人間の都合で『命』を頂いているのだから

食事をするのは『当たり前』ではなく『有難い』と思います。

Plate-of-compassion


食事の現状

世界中ではたくさんの『命』を元に作られた食糧が

日々人間の都合でたくさん廃棄されております。

映画『ありあまるごちそう』


『命』
を粗末にしている現状が後を絶ちません。

動物食性動物(肉食動物)のライオンですら

お腹を空かせた量しか殺生しません。

目の前を植物食性動物(草食動物)が歩いていたとしても

お腹が空いていなければスルーするのです。

無駄に殺生しないのです。

動物愛護などの次元の話しではありません。

生きるために行っている『食べる』という行為を考えることです。

自ずと感謝という『礼』が生まれて来るかと思います。

ですが『礼』をすれば良いということでもありません。

『命』を頂いたからには、頂いた『命』を無駄にせず

精一杯生きることがせめてもの手向けだと思います。

3D-Leaf-Water-Drop-HD-Wallpaper

礼に始まり礼に終わる

『礼』という形で感謝の心を表すことは大切です。

スポーツや武道でも相手に試合で勝ったからと言って

『礼』の精神を怠ると相手にされなくなります。

相手があってこそ学べ、自分を成長させることができるのです

学びと成長の場を頂いたこと

敬意を表すために

心を込めて『礼』をするのです。

“ 礼に始まり礼に終わる ”

『命』をいただくことは自分を成長させること

『命』に対する敬意を表わす形として

『礼』が繋がりと支えを生むのです。

食事に限らず『感謝する心』を持つことは幸せへと繋がり

今日と言う日を生きるための糧となります。

日常の生活をより輝かしいものとするためには

自分は支えられて生きていることを意識されると良いです。

 

関連ページ

『食事の大切さについての講習会』

http://souryumon.com/food-in-kyoto/

講習会の写真

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 岩豹 (おう いわひょう)

黄 岩豹 (おう いわひょう)五大医聖 天記長

投稿者プロフィール

足反射区の申込み

2011年に双龍門と出会い、2012年より中医学を習得中。

糖尿病の家系で育ち、甘いものに囲まれて生活していたため、『あなたこのままでは死にますよ!』 と肝機能障害・脂肪肝を診断された事も。

『黄 龍英』先生の指導の元、食事や運動を取り入れたことで、105kgあった体重が、わずか5ヶ月で30kgの減量達成!

多くの方々の健康と笑顔と喜びに貢献していけるよう、双龍門チームの皆と力を集結して輝きに満ちた良き世界をつくるため誠意活動中。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  2. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  3. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  4. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  5. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
ページ上部へ戻る