食事

“ 礼に始まり礼に終わる ”

食事は命を頂く『いただきます』に始まり

食事を頂けたことへの礼『ごちそうさま』に終わります

食事をするとは

たくさんの『命』を頂き

たくさんの命の支えがあって

食事はできるのですが

食べられる立場になって考えてみると

『食べられたくて食べられる訳じゃない』

と感じます。

ですが『命』を繋ぐためには『命』が必要な訳で

自己の生きる欲のために『命』を奪う行為をします。

この時に『命』を粗末に扱われたら復讐をしたいと思うかも知れません。

もしかすると妖怪となって復讐を行うかも知れません。

そう考えると人間の都合で『命』を頂いているのだから

食事をするのは『当たり前』ではなく『有難い』と思います。

Plate-of-compassion


食事の現状

世界中ではたくさんの『命』を元に作られた食糧が

日々人間の都合でたくさん廃棄されております。

映画『ありあまるごちそう』


『命』
を粗末にしている現状が後を絶ちません。

動物食性動物(肉食動物)のライオンですら

お腹を空かせた量しか殺生しません。

目の前を植物食性動物(草食動物)が歩いていたとしても

お腹が空いていなければスルーするのです。

無駄に殺生しないのです。

動物愛護などの次元の話しではありません。

生きるために行っている『食べる』という行為を考えることです。

自ずと感謝という『礼』が生まれて来るかと思います。

ですが『礼』をすれば良いということでもありません。

『命』を頂いたからには、頂いた『命』を無駄にせず

精一杯生きることがせめてもの手向けだと思います。

3D-Leaf-Water-Drop-HD-Wallpaper

礼に始まり礼に終わる

『礼』という形で感謝の心を表すことは大切です。

スポーツや武道でも相手に試合で勝ったからと言って

『礼』の精神を怠ると相手にされなくなります。

相手があってこそ学べ、自分を成長させることができるのです

学びと成長の場を頂いたこと

敬意を表すために

心を込めて『礼』をするのです。

“ 礼に始まり礼に終わる ”

『命』をいただくことは自分を成長させること

『命』に対する敬意を表わす形として

『礼』が繋がりと支えを生むのです。

食事に限らず『感謝する心』を持つことは幸せへと繋がり

今日と言う日を生きるための糧となります。

日常の生活をより輝かしいものとするためには

自分は支えられて生きていることを意識されると良いです。

 

関連ページ

『食事の大切さについての講習会』

[link]http://souryumon.com/food-in-kyoto/

講習会の写真