離乳食のタイミングについて 双龍門の見解

昨日いただいたメールの反響がすごくて、
ぜひ詳しくききたい!
というご意見をいただきました。

実は離乳食のタイミングについては、

“『とっておきの呼吸法』のその先へ”というメルマガで、
コーヒーブレイクと題し、
息抜きくらいの気持ちで書いていたのですが、

反響大きかったので、一般公開したいと思います。

PS.
最近よく思うんですが、
自分が判断した事が100%正しいとは限らないよなぁと
ひしひしと感じます。

今回も、
息抜きくらいで思っていたら、
反響がすごかったり、
向こうから必要な情報がやってきたり。

まるで神様が
何かひっぱってるんじゃないか、という事が
毎日のように起こります。

引き寄せといえば引き寄せだろうと思うし、
なんとも不思議な感覚なんですが、
自然的なままで、キコウやりつつ
のんびり毎日やっていこうと思います。

=========

『とっておきの呼吸法』
しっかり続けられてます?

このメールを読み終わった後ででもいいので、
ぜひ1分でも、
『とっておきの呼吸法』
続けてくださいね。

ちょっとずつカラダを活性化させて、
ぜひ人生をいい方向に激変させていきましょう。

前回のメールがかなり長くなったので、
今回はかるめの話題で。

「赤ちゃんにはいつ頃から離乳食を与えるべきか?』

という質問があったんですが、

いつ頃だと思います?

10秒くらい考えてみてください。

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

正解は、
“だいたい2歳くらいから”、です。

理由は2つ。

1.胃ができるまでに時間がかかる
2.鼻呼吸のクセをつけるため

です。

▼▼▼1.胃ができるまでは液体食で

人間の赤ちゃんって、
成長速度が本当にゆっくりですよね。

生まれたての赤ちゃんの、首がすわるのは、
だいたい3ヶ月〜4ヶ月。

はっきり見聞きできるようになるのは4ヶ月〜6ヶ月。

歩き出すのはだいたい1年。

話し始めるのもだいたい1年。

という感じで、
数ヶ月毎にちょっとずつ成長していきます。

外見は、目に見えるのでわかりやすいんですが、
もちろん内面も、ちょっとずつ成長していきます。

例えば”胃”は、
生まれた時にはただの管で、
長い年月をかけて徐々に”胃”の形になっています。

なので、
“胃”がはっきりと形になっていないときに
離乳食を与えてしまっても、

“胃”で消化する力がないので
ほとんど栄養として吸収できない、
という事が起こってきます。

“胃”ができるまでの間は、
できるだけ液体で、栄養たっぷりの、
母乳をあげたいんですね。

2歳頃までに”胃”ができるというのは
“自然的なルール”であって、

その前に離乳食を与えるというのは
とても”人工的なルール”と感じますね。

▼▼▼2.鼻呼吸のクセをつけるため

赤ちゃんが母乳を飲んでいるとき、
いったいどこで呼吸をするのか。

もちろん、鼻で呼吸です。

飲んでいる間も常に呼吸は必要なので、
必然的に、鼻で呼吸する事になります。

栄養を摂りながらも、
少しずつ鼻で呼吸する事にも慣れていくんですね。

一方、鼻呼吸に慣れないまま、
離乳食に変えちゃうと、

赤ちゃんは口で呼吸をする事になります。

赤ちゃん的には、
鼻だろうと口だろうと呼吸できればいいので。

ただもちろん、
口呼吸だと免疫力が下がり、
病気になりやすい赤ちゃんに
なってしまうことだってあります。

・母乳+鼻呼吸 ・・”自然的なルール”
・離乳食+口呼吸・・”人工的なルール”

という事ですね。

育児にしてもなんにしても、
自然的か、そうではないか、という視点で、
いろんなものを見るようにすると、

東洋医学(中医学) = “自然との調和”

という事が、
なんとなく分かってくるんじゃないかなと思います。

(自然のように、焦らず急がず、
のんびりしてれば、なんとなくわかってくるもんです。)

自然的ってどういう事なのか、
というのを感じてもらいつつ、

ぜひ、自然の力を身体中にしみわたらせることができる、
『とっておきの呼吸法』を、
続けてもらえたらと思います。

■『とっておきの呼吸法』
http://souryumon.com/s-breath

黄 蒼天

PS.

このメールを書いたちょっと後に、
こんな感想をいただいてました。

「二人目は8ヶ月で産まれたので
2ヶ月健診の時に離乳食始めていますか?
と言われ驚きました

オレンジジュース、重湯から始めて下さい
と言われました

先ずはひとさじ
いろんな味になれておくと良い様ですね」

いやいやいやいやいや、
ダメダメですって。

2ヶ月でオレンジジュースて。

赤ちゃん病気漬けになりますよ。

赤ちゃんの頃から味覚おかしくなりますよ。

絶対母乳です。
でないとしても粉ミルクです。
(できるだけ人工甘味料がないもので)

こんな産婦人科医がたくさんいるんでしょうね、
怖い世の中ですよ本当・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 蒼天(おう そうてん)

黄 蒼天(おう そうてん)双龍門氣功法伝承者

投稿者プロフィール

過去、腰痛から左足にかけてのシビレが収まらず、一時期は歩くことすら困難な状態に。

以来健康の尊さを身をもって実感し、健康に関する様々な情報を収集しては実践する日々。

ある日グランドマスターの存在を知るやいなや、いてもたってもいられずマレーシア・ジョホールバルに向かい、師と運命的な出会いを果たす。

現在は『双龍門氣功法』の発展を中心に中医学に関する様々な活動を実践中。

双龍門ホームページ管理人。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  2. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  3. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  4. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  5. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
ページ上部へ戻る