精根尽きた果てに、案の定筋肉痛に

20150929-1

日曜日は朝6時に起床。

その後支度をし1時間かけてソフトボールの大会が行われる会場に向かった。

この大会、かなり強行日程で、勝ち進むと1日で3試合をこなさなければならないという、選手泣かせの大会。

で、結果から言うと3試合目で精根尽き果て、大敗を喫したという感じ。

幸いなことに、日曜日は暑くなかったので、試合中に足がつるということはなかったが、3試合トータルで470球を投げたとのこと。

試合後はなんとか家にたどり着いたが、試合中に打球を受けて、左脛(すね)は腫れ上がった状態。

筋肉的にはかなり辛い状態で、試合中の合間にご飯を食べてしまうと、体が食べ物を消化することを優先し、筋肉に『血』が行かなくなるので、昼食を食べないで、3試合ぶっ続けでやったため、食事が食べられたのは夜の7時。

食事後は横になって休んでいると、両足がつり始めるという事態に。。。(;´Д`)

1日3試合したおかげで、完全に筋肉に溜め込んでいた力(ちから)を全て使い切ってしまった。。。orz

体を酷使した結果、自分の体は。。。

そのため案の定、翌日筋肉痛に見舞われている自分。

特に打球を受けて腫れ上がった左脛と、右の腰の痛みが半端ない。

昨晩は、夜中に何度も足がつり、ベットの上でのたうち回っていた。(~_~;)

なので、当然熟睡できず。

そしてかなり肩に力(ちから)が入っていたようで、首も筋肉痛になっているという状況。

これは筋肉の『ねじれ』、筋肉の疲労、共にかなり深刻な状態。

『筋肉講習会』ではお話しさせていただいているが、筋肉に『ねじれ』や『滞り』が起こる原因の一つとして、『激しい運動』がある。

また今回自分が打球を受けて左脛が腫れ上がったが、これについても筋肉に『ねじれ』や『滞り』ができる原因になる。

と冷静に解説しているが、今回の体の状況はかなりヤバい。

足の筋肉が疲労しているところに、打撲で腫れ上がった左脛(すね)という最悪の組み合わせにより、左脚の膝から下は自分自身の感覚として、かなり流れが悪く、伸ばしたりするとつってしまうような感じ。

もちろん自分で『双龍門筋肉調整法』を行ったが、あまりに筋肉に力(ちから)がないために、改善しようとしても改善できない状態。

とにかく筋肉に栄養を補給するため、絶対安静かつしっかりといい栄養を摂り、時間をかけてゆっくり食べるということを、この1週間心がけ体力の回復をはかることにした。

ベストなパフォーマンスを維持するために自分がしたこととは?

で、試合中はどんな飲み物を飲み、どんな体のケアをしながら、試合をこなしたのかと言うと。。。

まずは飲み物、今回は失敗。

あまり暑くなかったのと、雨が続いていたということで、水だけで大丈夫だろうと高をくくっていたが、やはり運動をする際には『塩』は必需品。

運動するとどうしても汗が出るので、その際汗と一緒に体のミネラル分も流れ出てしまう。

それを補給するため、『塩』をひと舐めすると、かなり疲労度も変わってくる。

どんな『塩』がいいのかと言うと、天然塩で海水から作られたものがベスト。

では岩塩はどうなのかと言うと。。。

岩塩は、海の水から作ったものよりもミネラル分が少ないため、スポーツ時にはあまり適していないという理由があり、天然塩で海水から作ったものを使っている。

それとウォーミングアップの仕方は、まずはゆっくりと体をほぐしていくことが大事。

いきなりダッシュなどの瞬発系の動きをする人はあまりいないと思うが、ウォーミングアップはいきなりランニングをするのではなく、気功の準備功と同じように、体を揺らし筋肉を解していくことが大事になる。

まずは軽い負荷で体を動かしてあげて、余分な力(ちから)を抜いて、動きやすい状況を作ることを心がけている。

また1日に何試合もするという場合、試合と試合の合間の休憩中にご飯を食べることは避けている。

なぜなら、食事をしてしまうと消化をするために、『血』が胃に集中することになる。

そうなると当然、筋肉に必要な『血』が足りなくなり、運動のパフォーマンスが落ちることに。

スポーツドリンクやゼリータイプの飲料で、素早くエネルギーチャージとか言われているが、あれは全くの嘘で運動中にエネルギーを補給することできない。

普段の食生活でどれだけ筋肉にエネルギーを溜め込むことができているのか。

筋肉に蓄えられたエネルギー量で、運動のパフォーマンスは変わってくるのだ。

しかし試合中に疲れてきて、エネルギーを補給したいということは、スポーツ選手なら誰でも考えること。

確かに試合中に逐一エネルギー補給をすることができれば、試合が終わるまでベストなパフォーマンスを維持することができる。

その方法がないわけではないが、一般的ではない方法なので、知りたい方は自分に直接メッセージをいただければと思う。

簡単にお教えさせていただく。

と今回の試合で自分が得たものを簡単にまとめてみた。

参考になるかどうかはわかりませんが、お役に立てれば幸いである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  2. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  3. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  4. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  5. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
ページ上部へ戻る