[音声]非常識なガンと血液のお話~双龍門Ch.#012

20150715-3

ガンと血液の循環の仕組みについて、グランドマスターこと『黄 龍英』先生に分かりやすくお話頂きました。

事前にこちらの記事もご確認いただくと理解が進むかと思います。

西洋医学の癌(ガン)の誤解と基礎理論の間違いについて

*文中に()かっこで補足をしています。

(聞き手:黄 蒼天)

音声版

書き起こし

――先生、よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

今日はこないだの続きですね、ガンについて、間違った西洋医学について検証したいと思います。

――はい、お願いします。

時の権力者 ウィルヒョウ

いろいろあるんですが、真っ先にあるのは、150年前、ウィルヒョウという人が話した説が有力になり、これが現代医学・近代医学の基礎になっちゃったと。

ウィルヒョウ(ルドルフ・ルートヴィヒ・カール・フィルヒョウ)

1821年10月13日 – 1902年9月5日 はドイツ人の医師、病理学者、先史学者、生物学者、政治家。

-Wikipediaより

――はい。

これが完璧に基礎をなしてしまっているので、これから外れる事ができない。

治療についてウィルヒョウさんが考えたのは、人間自体が機械と同じだと考えたわけ。

――おぉ、、はい。

部分部分、パーツパーツを入れ替えさえすれば、ずっと生きられるし、ずっと使えるはずだ、という考えがあったのね。

これはちょっとムリな話なんだけどね。

――そうですね。

まずそこからはじまったということ。

それと、ガンというものができちゃったら、ずっと無限に増殖して、最後には宿主となっている人間を殺してしまうだろう、ということ。

でも、これは確かめなかったのね。

――おぉ、、

そういう事が起こるかどうか、という時に、

「私がそう言ってるんだから、お前達はだまっとれ。」

という事だったので、誰もそれに反抗できなくて、検証するということができなくなっちゃったのね。時の権力者ですからね。

(ウィルヒョウは)プロイセン王国の時の総理大臣なので、(他の人が)それに逆らう訳にはいかなくなって、結局は(検証が)できませんでしたってことですね。

プロイセン王国・・18世紀から20世紀初頭にかけて栄えた王国。現在のドイツ北部からポーランド西部が領土。

-Wikipediaより


ウィルヒョウさん自体が、

  • 裁判所の審議官であり、
  • 医師会の会長であり、
  • 時の総理大臣で、自民党みたいな大きな政党のトップで、
  • 銀行の組合長でもあり、銀行も押さえてたって状態なので、

誰一人として逆らう事ができなかった。

――ダメですね、権力を持ちすぎると。

で、(ウィルヒョウ)さんはあんまり勉強はしてなかったんだよね。

だから、なんとなく考えた事を発表して、それが定説になってしまった。

まぁ権力者だったって事なんですね。これが1番の問題点だろうなと思うんだよね。

血液は骨髄からできる・・?

彼が言い出したのは、

『血液は骨髄からできる』

と言い出したんですね。

この理論が始まって、血液理論というのが構成されちゃった。

――はい。

細胞は細胞からしか生まれない。

ようするに、分子、原子は変更されることはない。

1つの分子があり、1つの原子があったら、その元素記号というのが、何かに変換して変わる事はない、という理論だったのね。

(この理論で言うと)、組み合わせでしか変わり様がなくなった、というところに行きついたわけ。

――そうですね。

それで、組み合わせで変わるって事で発展したのが遺伝学なのね。

――はい。

また、原子そのものが変わるということはありえない、という事で考えて、外や内からのエネルギーの作用によって、

すごい時間をかけて、徐々に徐々に変わっていくだろう、(という考えが)進化論

そういう風に見た。

――(なるほど)。

でもね、現実にどうだったかというと、はなはだ怪しいわけ。

(原子そのものが変わるという事はありえない、とすると、)血液は、細胞から細胞に変化しなきゃいけないことになる。

また、細胞には必ず核がなければならない、とウィルヒョウさんがしたから、

そうすると、赤血球は死んだ細胞になる。

――そうなんですか。

ウィルヒョウさんからすると、死んだ細胞から新しい細胞は生まれない、としたわけ

赤血球は酸素を運んでくれる大事なものなのに、「もう死んでるよ」って言われている事に。

でもそれが、中で活躍してるってどういうことなの?

と皆が疑問に思っていたんだけど、誰もそれに歯向かう事ができなかった。

なぜなら、この案を強烈にバックアップした人がいるの。

ウィルヒョウをバックアップしたのは・・・

それは、ロックフェラー

――あぁ・・・

ロックフェラー財団が、ウィルヒョウさんの考えた事を引き継いじゃったわけ。

で、ロックフェラー医学になった。

――(ロックフェラーの)大きい本は買いました。

ロックフェラー医学になったことで、医者が薬で病気を治す、という考えになった。

――そうですね。

とすると、自然に病気が治る事はない、という理論になる。

困ったことになるよね。

――薬漬けになっちゃいますからね。

そう。

放射線と、薬漬けと、手術。

どれも体力が弱るんだよね。

人間には免疫という作用があるんけど、これは完全に無視ってことになったので。

そこはまずいよね。

免疫学ができて今年が35周年だってキャンペーンをやってる。

・・・たった35年だよ。

――中医学では随分前からですよね。

うん、中医学の場合は、『黄帝内経(こうていだいけい)』に免疫の事が書いてあるので。

そうすると、少なくとも4,5千年は経っているって事だね。

それくらいの違いがあるって事ね。

血液は小腸でつくられる

血液の事だけど、中医学では、『血は小腸でつくられる』って事ね。

腸の壁をすり抜けた食べ物が、要するに、赤血球に変わる。

食べ物という無機質ではないけど、(すでに死んでいるので)細胞ではないものが、腸の壁を通り抜けた瞬間に、自分の赤血球になる。

これが大事な事で、千島さん、森下さんという日本の博士が研究して確立した理論。(腸造血理論)

ただこれと同じ事が『黄帝内経』には書いてある。

5,000年前に書いてある。

その赤血球が、脾臓(ひぞう)に行って、脾臓の中で、血液のいき場所(を決める。)

注:中医学でいう脾臓と西洋医学でいう脾臓は考え方が異なります。中医学では、血液(栄養)にタグをつけ、身体全身に配布する役割を担っていると考えられています。

血液自体が(身体のいたるところの)細胞に変わっていくからね。

赤血球が白血球に変わり、

白血球がそれぞれの、爪の先や、肝臓の組織など、それぞれの細胞に変わっていくという事。

古い物は回収されて、また脾臓に戻ってきて、脾臓で壊されて、また再生して送り出されると、いうわけだ。

――白血球は病気と闘うというイメージがあったんですが。

うん。

赤血球が白血球になって、白血球が病気と闘いながら旅行をして、目的の細胞になって、古いものが抜け落ちて、回収されていくという事。

――なるほど。

無駄がないんだよ。

途中で(白血球さんが動いてる)間、ゴミとかばい菌を食べて、目的地まで行くわけだ。

行きついたら新しい細胞に変わって、古い物は抜け落ちて、(脾臓で壊され、修復されて)、また白血球に戻ると。

その時にゴミなども脾臓で回収し、処理して、再構成され、また送り出すと。

――ほぉー。

血のシステムは素晴らしい。

――全部まわっちゃいますね。

万能細胞は血だった。

うん、だから、どこの細胞にでも変わる万能細胞が、いろんなところで注目されてたんだけど、

これはもうすでにあるわけ。

血液なの。

で、血液を万能システムとして使うのが、脾臓、という事。

――タグ付けして必要な場所に飛ばすという。

そう。

その途中は全部免疫だからね。

なんか(悪いものが)入ってきたら免疫として機能するのも、脾臓が命令してるという事。

これが上手くいってる限りにおいてはガンにはならない、というわけ。

病気の原因

病気には原因がある、という事。

――はい。

(原因)はというと、


1.甘いもの食べすぎ
2.タバコの吸い過ぎ
3.お酒の飲み過ぎ
4.薬の飲み過ぎ(ドラッグ、精神薬)

(全て気・血・水の流れを滞らせる)

そういうので壊れていく。

――連鎖システムが動かなくなっていく。

そう。

電子レンジや携帯電話など電波を発するものも、それなりにいろんなことを乱すので、そこそこ使ったらそこそこ休む、だね。

――そうですね、携帯はちょっと氣をつけた方がいいですね。

そういう事をわかってくれると1番いいだろうね。

要するに、ウィルヒョウさんが言った事は、どうやら間違いだったね、という事ね。

――そうですね(笑)

ニワトリと核融合

ニワトリが菜っ葉ばっかり食べていても、卵産むよね。

卵の殻はカルシウムなんだけど、菜っ葉はカリウムなんだよ。

そうすると、(身体の)中で、カリウムをカルシウムに変える、という事が起こるわけで、

それって核融合なのね。

――物質が変わっているという事ですね。

そう。

核融合が起こるって事自体、原子物理学では不可能といわれてたんだけど、

身体の中では自然に起こってたわけ。

っという事は、

まるっきり、西洋の理論自体が崩れたという事。

――そうですね。

これがおこってるって事は、ダーウィンが言ってる進化論はウソだし、メンデルが言ってる遺伝学もウソだって事なのね。

そういう視点で見た上で、何が本当か、を見直す事が必要だね。

――そうですね。

今回、(この音声)をきっかけにして、辺りを見回してもらうと、世界が変わるかもしれないね。

――確かに、今まで当たり前と思ってた事が変わりますからね。西洋医学の先生が言う事が本当に正しいの?という。

そう。一回見直してもらえるといいかもね。

もしガンになったら

それで、もし(ガンに)かかっちゃったら、うちの双龍門には、特別の養生の仕方がいっぱいあるよね。

――ありますね。

本当にいろんな種類の養生の仕方ってあるので、好きなものをおやりいただければよろしいですよね。

――そうですね、本人次第でどうとでもできますよね。

なので、我々は、美味しいお茶でも飲みながら、(そういう方が)来ていただける事を心待ちにしていましょうな。

――そうですね、先生、ありがとうございました。

ありがとうございました。

問い合わせはこちら

podcast用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items

関連記事

最新記事

  1. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  2. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  3. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  4. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
  5. 段々と肌寒い季節となりました。 夏は陽気に満ちた季節でしたが 秋は段々と陰気に満ちる準備の季…
ページ上部へ戻る