名古屋での呼吸法イベント無事開催!

P1050006-2

晴天に恵まれ、
名古屋での呼吸法・気功法イベント無事開催できました。

京都や八王子での経験やご感想もふまえ、
座学に約1時間たっぷり時間をかけまして、
より深い意識(意思+氣)の元で実施できたと思います。

いただいたご感想も多岐に渡り・・・

トレーニングセッションの座学の乾燥をお聞かせください。

・T.Rさん
禅とかヨガのところが良かった。

・T.Sさん
血液の流れが重要である事が良くわかりました。
又、小腸で血液が作られているなんて!
初めて聞きました。
気が流れるのと血液は良く似ている事がわかりました。
一瞬眠っちゃいました!
ビリビリではなくジンジン又はポワーンて感じました。

・S.Sさん
内容がリンクしながら進んで行ったので
とても分かり易かったと思いますア。

・N.Yさん
気血水の流れの話、
鶏肉と人参ジュースの話が面白かったです。

・O.Nさん
もっと奥深い、
いろんな話を聞きたくなります。
意識->意思+氣はとても感嘆しました。
これからに取り入れてみたいと思います。

・A.Yさん
座学で基礎、原理を理解できる事で
トレーニングの内容も充実しました。

・N.Mさん
氣というものが何故大切なのか
あらためてよく理解できた。

・M.Hさん
普段FBやメルマガで読んでいることが
バラバラだったものが少し総体的に
わかったように思います。

・K.Sさん
氣血水の基本が学べて良かった。

・I.Tさん
たいへん有意義でした。
初めの氣、血の話はとても参考になりました。
とくに意思+氣が気に入りました。

・J.Sさん
氣血水から臓器や食べ物への話へとわかりやすかったです。
ライザップの東洋医学的な見解など、
納得することが多かったです。

・N.Tさん
HPやDVDの解説の復習ができ、
また新たな学びも多く、充実した回でした。

本日のトレーニングのご感想をお聞かせください。

・T.Rさん
結構ハードだった。
家でもやれるようにしたい。

・T.Sさん
知らなかった気功法があり、良かったです。
呼吸法が○秒と、又お腹を△△まであるとは知らなかったです。
まだまだたくさんありそうですね。
上級、中級、初級とレベルをわけて次回はしてみてはどうでしょうか?

・S.Sさん
激しい動きは一切していませんでしたが、
キツいと感じる部分もありました。
ストレッチ的な要素も入っており、
気持ち良かったです。

・N.Yさん
体が熱くなり、
気で手足がビリビリしました。
ウォーキング後と似たような気持ち良さでした。
途中でシータ波が出てたのか寝落ちしそうになりました。

・O.Nさん
ビデオでみていても違って理解していたりしたので
実際にトレーニングを受けれて良かったと思います。
背筋が伸びて気持ちよかったです。

・A.Yさん
気功という事でも少しゆるいと感じてました。
ただ前後で大きく変化した事がわかりました。

・N.Mさん
ストレッチ性が高くとても気持ち良かった。
終わった頃には頚骨のコリがほぐれていた。

・M.Hさん
開始後の10分で汗が出てきました。
呼吸法により体のすみずみまで
血が回っていくのを感じる事ができました。
去年6月頃からの右肩のみ50肩ですが
良くなりそうな予感があります。

・K.Sさん
呼吸法、キコウ共にキツイ部分もあったが
それが体調がすぐれない原因なのだと感じた。
日常に取り入れて健康な身体を取り戻したいと思った。

・I.Tさん
とても気持ちよかったです。
途中何度かシータ波に近い状態にまでなったと思います。
数日前から背中の違和感、痛みがすっかり無くなりました。

・J.Sさん
前回受講時にたいして身体も慣れていた部分もあり、
経絡を意識してできました。
足の震えも感じ取れ、
足へのエネルギーを感じとれました。

・N.Tさん
虎の目の時、
足->経脈->百会に熱が抜ける感じを今まで意識してませんでしたが、
今日は頭頂から熱が抜けるのを体感できました。

===ここまで

終わってすぐはさすがに皆さん言葉少なめでしたが、
着替えるころにはケロっと清々しいお顔に。

11名中5,6人はビリっと感じとれた方もいたり、
腰痛が緩和したり、
肩の動きが良くなったり、
中には個別で体質改善のお話をいただいたり。

充実した時間を過ごせたなと感じます。

参加された皆さん、ありがとうございました^^!

PS.

呼吸法の基礎を知りたい方はぜひ『とっておきの呼吸法』から取り組んでみてくださいね。

とっておきの呼吸法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 蒼天(おう そうてん)

黄 蒼天(おう そうてん)双龍門氣功法伝承者

投稿者プロフィール

過去、腰痛から左足にかけてのシビレが収まらず、一時期は歩くことすら困難な状態に。

以来健康の尊さを身をもって実感し、健康に関する様々な情報を収集しては実践する日々。

ある日グランドマスターの存在を知るやいなや、いてもたってもいられずマレーシア・ジョホールバルに向かい、師と運命的な出会いを果たす。

現在は『双龍門氣功法』の発展を中心に中医学に関する様々な活動を実践中。

双龍門ホームページ管理人。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 『じゃがバター』を召し上がったことはありますか? よく露店で見かけるかと思います。 現代では税…
  2. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  3. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  4. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  5. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
ページ上部へ戻る