体調は日々変わっていく

20151006

現在、たまたま一人の患者さんに対して毎日施術している。

『黄龍英(おうりゅうえい)』先生にご指導をいただきながら、自分で気づいた患者さんの体調の変化を報告し、その報告に対して先生がこうした方がいいと適切な指示を出してくれる。

その指示を受けて、患者さんに施術を繰り返し行なっているのだが、毎日体に変化が起こっていることが、体のいたるところから出ているサインでわかるようになってきた。

東洋医学(中医学)では体のどこにどんなサインが出るかで、内臓(肝・心・脾・肺・腎)の状態がわかるようになっている。

(ただ東洋医学(中医学)の基礎理論を学ばないとわかりませんが。。。)

以前は先生から授業で学びながら、「そうなんだ。」とそのまま覚えるというだけだったが、実際に患者さんの身体(からだ)を見ながら、そのサインに気がつくと、

今まで学んでいたことがスッと腑に落ち、「そういうことだったんだ!」と自分の中で情報から知識に変わっていく瞬間を体感している。

また毎日施術を行なっていることでも、ちょっとした体調変化に気付けるようになり、体調に合わせて施術方法も変えていく必要があるということも理解できるようになってきた。

八王子では、

-『黄龍英(おうりゅうえい)』先生の『双龍門点睛術』、
– 諸橋さんの『足反射区療法』、
– 自分が行なう『双龍門筋肉調整法』、または『気功』と

お見えになった方の体調に合わせた施術方法で体質改善のお手伝いをしている。

多くの人が一度施術を受け、食事指導された内容をずっと続けていけば、体質改善を達成できると思っている。

その考えの根底にあるものは、体質は変化しないというもの。

しかし改善していく過程でも、逆に悪化していく過程でも、体質は日々変化を起こしている。

昨日は良かったのに、今日は調子が悪いと言ったことが起こるのは、身体(からだ)が変化しているから。

体質は変わらないと考え、同じ食事内容をずっと続けていると、ある日突然体調が崩れるということが起こることになる。

我々の身体(からだ)は日々変化しているということ。

その中で『気功』を行なったり、『食事』で体調を整えたりということを繰り返していくことで、我々は健康を守っていけるのだ。

だからできれば毎日身体(からだ)を見させていただきたいというのが本音。

そこでかなり高額になってしまうが、3ヶ月の間に筋肉を正常な位置に戻すための、集中『双龍門筋肉調整法』パックでも作ろうかなと検討中。

ライザップ(RIZAP)のように、毎日の食事指導を交えつつやり取りをして、毎週2回ほど『双龍門筋肉調整法』を行ない、健康な身体(からだ)を作っていけるようサポートするという形のものを考えている。

本気で体質改善、強靭な筋肉を創る!

と考える方のために提案させていただくものになるので、開始できるようならば、またご連絡させていただく。

氣になるという方は、自分にメッセージをいただければ、コンセプトをお答えさせていただく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  2. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  3. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  4. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  5. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
ページ上部へ戻る