20150701-5
私は10代の頃から主に2つの悩みがありました。

一つ目は体のだるさや猫背などの体に関することに悩んでいました。

2つめは新しいことを始めても結局長続きせず、失敗に終わることです。

そのような状態が長く続いたため、重い病気にはなったことがなくても、体調が悪いことが多かったのです。

そして、英語、筋トレ、自己啓発など次々に「これをやろう」というやる気はあっても、思うような結果も得れず悩んでしまいました。

自分の適性もわからず、結果「自分は何をやったら良いのかわからない」という状態になっていました。

一見2つの違う種類の悩みですが、私は中医学を学ぶことで、解決できると直感的に感じました。

私は中医学を学びながら、毎日の食事を中医学に基づいた食事に変え、その後毎日の食事も体に良い物を選び調理した結果、段々と体にも良い変化が現れ始めました。

加えて、自分が何をしたいのか、できるのかという疑問も解決しました。