筋肉の中国武術での考え方

20150725-2

『筋肉』のことを毎日考えている自分。

『双龍門筋肉調整法』を行ないながら、人の『筋肉』を観察。

時間が空いたら、『黄龍英(おうりゅうえい)』先生に教えていただきながら、先生からいただいた『筋肉』と『中国武術』の資料を読み漁っている。

読んでは実践、読んでは実践といった感じで、読むだけではなく、自分自身で体験しながら、どんなものなのかを学ぶ。

自分は読んでいるだけだと眠くなってしまうので、少し読んだら実践して体を動かすという学習方法が合っているようだ。

で、いろんなことを実践していると、『筋肉』と『中国武術』の関係は、特殊だなと感じることが多々ある。

例えば。。。

筋肉って一体なに??

自分はソフトボールというスポーツをやっていることもあり、体の力(ちから)は筋力がなければ発揮することができないと思っていた。

現在のプロスポーツ選手を見てるとわかると思うが、力(ちから)を使うスポーツでは『筋力』が何より重要視されている。

自分が行っているソフトボールでも同じで、ボールを遠くに飛ばしたり、速い球を投げるには、大きな『筋肉』が必要だと思われている。

なので、こぞって筋トレをし、筋肉を大きくしようとするわけなのだ。

しかし『中国武術』では、そこまで『筋力』を重要視していない。

それなのに、人を吹き飛ばすぐらい大きな力(ちから)を発揮できる。

この違いはなんなのか?

うーんと頭を抱えながら考えてみても、わからないことはわからないので、『黄龍英(おうりゅうえい)』先生に聞いてみた。

『筋肉』の真実

黄 慶山
先生、中国武術ってそんなに筋肉を大きくしようと考えていないですよね。
黄 龍英先生
そうだよ。筋肉についての考え方が違うからね。
黄 慶山
それは筋肉よりも『氣』を重要視しているからですか?
黄 龍英先生
というより、筋肉が『氣』や『血』を生み、『氣』や『血』が筋肉を生むと考えられていることが重要だよ。
黄 慶山
ということは筋肉を鍛えることも必要ってことですよね。
黄 龍英先生
そうだよ。でも鍛え方が重要。
黄 慶山
筋トレではダメってことですよね?
黄 龍英先生
そう。筋トレでは筋肉が硬くなる。硬くなるってことは流れが滞っているということ。
黄 龍英先生
流れを滞らせることで、そこに『血』が溜まる。
黄 龍英先生
そうすると筋肉が膨張して、大きくなったように見える。
黄 龍英先生
でも『血』は流れを止められているから、それが『悪血』となり、そのまま放置しておけば『ガン』へと発展してしまう。
黄 龍英先生
これがスポーツ選手が短命と言われる原因。
黄 龍英先生
もちろん『血』が滞れば、『氣』も滞っている状態だから、力(ちから)を発揮しようとしても、発揮できない状態になるけどね。
黄 慶山
全くいいことないですね(~_~;)
黄 龍英先生
そうだね。
黄 慶山
中国武術の方は、あまり筋力を重視していないのに、大きな力(ちから)を発揮できるのはどうしてですか?
黄 龍英先生
それは外の『氣』も使っているからだよ。
黄 慶山
外の『氣』ですか?
黄 龍英先生
そう。大きな力(ちから)を発揮しようとした時、中国武術では自分の『氣』だけでなく、必要なだけ外から『氣』をもらい、その『氣』の力(ちから)を使うことで、大きな力(ちから)を発揮しているんだよ。
黄 慶山
では、中国武術は外の『氣』を使うために鍛錬しているってことですか?
黄 龍英先生
それもあるけど、もちろん自分の筋肉の鍛錬にもなる。さっき言ったように、筋肉が『氣』や『血』を創り、『氣』や『血』が筋肉を創るという関係が成り立っているからね。
黄 慶山
結局バランスが重要ってことですか?
黄 龍英先生
そうだよ。

とこんな感じで、毎日『筋肉』について学んでいるわけなのだ。

『筋肉講習会』で初公開するものとは?

で、現在8月中に行なう予定の『筋肉講習会』。

優先案内はすでに締め切ったが、30名以上の方からご登録していただいている。

一応定員は5名と考えているので、その6倍の人数が登録されたことに、自分自身驚いている。

今回の『筋肉講習会』でお話しすることは、易筋洗髄経(えっきんせんずいきょう)につながる前段階にもなる。

つまり今回の『筋肉講習会』で公開するものは、筋肉の養生法と鍛錬法の両方を兼ね備えているということ。

そのため、当日自分の判断により、易筋洗髄経(えっきんせんずいきょう)への道が開ける方もいらっしゃるかもしれない。

詳細は後日送らせていただくので、もう少しお待ちいただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  2. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  3. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  4. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  5. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
ページ上部へ戻る