20160302

名古屋でのキコウイベントの余韻に浸りつつ、
今後の活動内容についてあれこれ想いを巡らせていました。

27日の八王子での呼吸法イベントの経験を活かし、
名古屋では約1時間にわたりこんな話をしていたんですが、

・怪我をしない身体になるために必要なこととは?
・全く動かずに新陳代謝を上げる方法とは?
・精子量を5倍にする裏技とは?
・お肌のターンオーバーを活性化させる方法とは?
・プロアスリートも取り組む○○と△△の運動方法とは?
・身体の中で最もエネルギーが滞る場所とは?
・最も効率がいい呼吸法のタイミングとは?
・なぜライザップ実践者は皆肌が黒いのか?
・ライザップのアコギな商売とは?
・なぜ自己啓発書では目標を手帳に書くのか?
・ジョコビッチも絶賛する酸素の力とは?
・なぜマラソン選手は標高が高い場所でトレーニングするのか?
・東洋医学における天の氣と地の氣とは?
・効率的にO脚X脚を矯正する方法とは?
・集中力を倍増させる秘策とは?
・なぜ日本語には気がつく言葉が多いのか?
・脳波と気功の共通点とは?
・なぜ音叉で病が治ってしまうのか?
・全ての病気の元となるたった3つの原因とは?
・認知症を回避するために真っ先に取り組むこととは?
・なぜマッサージ師や整体師の多くが根本的な治療ができないのか?
・なぜ紙の名刺で硬い割りばしを切ることができるのか?
・なぜ酸素が重要なのか?
・なぜ西洋医学では脊髄で血が作られる事になっているのか?
・なぜ怒ると肩痛や風邪や足のつりが発生するのか?
・なぜ穀物より肉の方が吸収率が高いのか?
・もっとも消化しやすい肉はどれか?
・五十肩を無理せず解消させる方法とは?
・なぜ綺麗な女性でもガニ股になってしまうのか?

この辺の話をして、
氣や酸素や呼吸の重要性をわかってもらったうえで、
しっかりと、
呼吸法ないし、
氣功法に取り組んでもらえたら、

取り組む姿勢も取り組んだ後の達成感も、
だいぶ変わってくるんだろうなぁと
改めて思っています。

なので今後のイベントでも継続して、

座学1時間
呼吸法約1時間
氣功法約1時間

という時間割りにして、

呼吸法まで参加できるコースと、
氣功法まで参加できるコースと、
2種類つくろうと思っています。

さらに、
アスリート向けに
みっちり負荷をかけるコースも増設。

一度は

座学1時間
呼吸法約1時間
氣功法約1時間
アスリート約1時間

というのも考えたんですが、
さすがに4時間ぶっ続けは倒れるよね、
というところで、

アスリートコースは別で時間設けようと思っています。

思った事、感じた事を
すぐに次の形にできるというのは
本当に恵まれているなと思います。

ますます呼吸法や氣功法が
多くの方に馴染んでいきますように。