2016012323

今週の火曜日・水曜日とお休みをいただき、
群馬で過ごしていました。

群馬、寒い。。。

八王子も寒いですが、群馬も負けじと寒い。

しかも昨日は午前中雪が降り、

「天気予報じゃ、雪が降るなんて言ってなかったのに。。」

と思いながら、車で娘を保育園に送り届けたり、病院に妻を迎えに行ったりと、雪でも関係なく移動の連続。

群馬っていうとすごい雪が降るというイメージが強いようですが、それは山沿いだけの話で、自分が住んでいるところは全く雪が降らない年もあるほど、雪が積もるのは珍しい。

なのでスタッドレスタイヤを履いていない人も多く、雪が積もると、ことごとく交通網が麻痺するという、なんとも不便なことが起こるわけです。

(スタッドレスタイヤ高いですからね(^◇^;))

しかも週末はもっと強い寒波が来るとのことなので、どうなることやら。

2年前に何十年に1度の大雪を体験したばかりなのに、来週また10年に1度の大雪が降る可能性があるとのこと。

それだけ冷えるともちろん雪だけでなく、体にも大きな影響が出ます。

特に足元の冷えは強くなると新陳代謝が鈍り、むくみや肌の乾燥などが起こりやすくなります。

肌の乾燥とむくみは陰陽の関係で、体内に水分が多く外に出せないとむくみが起こるわけです。

それと同時に水分を外に出そうとする力が働き、表面の皮膚が乾燥してくるということが起こります。

ではどうしてこの寒い時期に、かかとがひび割れてくるかというと。。。

夏と違い、冬になると汗をかくということが少なくなり、体の外に水分を出す機会が減ります。

その結果かかとがひび割れ、体の中にたくさん水分がたまってしまうということなのです。

だからその水分を出すような食事をすることが大事になってきます。

では水分を出してくれる食材とはどんなものなのか?

それは『◯◯◯』です。

『◯◯◯』には利水作用があり、食べることで体の外に水を出してくれる効果が望めます。

もし体のむくみが強かったり、かかとがひび割れている場合は、『◯◯◯』を意識して食べていただければと思います。