ED治療を願う人は1,130万人!?

わたしの健康法DX2

先日、グランドマスターこと『黄 龍英』先生と、『双龍門筋肉調整法』の『黄 慶山』先生が取材に応じたというムック本が発売されたという事で、早速購入してみました。

ムック本のタイトルは、

“わたしの健康DX2”

たっぷりの期待と少しの不安を胸にページを開けたとたん、現役人妻セクシー女優の悩ましげな写真が。

次ページの目次を見ると、

エロス、テレクラ、ED(勃起不全)治療、勃起力、江戸の性奥義にTENGAにソフト・オン・デマンドに・・

うん、これはどう見たってエロ本やね。

100人に聞いたらほぼほぼ100人揃ってエロ本って答えるやろね。

ちらほらページをめくると、”老人”、”中高年”、”人妻熟女”、というキーワードがしょっちゅう目について、謎のへそ出しブルマ女性が体操してたりして、だいぶ想定年齢高そうな雰囲気。

うん、僕にはまだステージが早すぎたね。

たっぷりの期待と少しの不安ががらっと崩れる最中、ひと際目を引いた言葉が、

“絶倫老人体験記 76歳にしてセフレ3人”

・・・じゃなくって、

“1130万人の悩み『ED』”

そ、そんなにいるんでっか。。

本文を少し抜粋させていただくと、

いまや日本男性(30歳〜79歳)の約1130万人にEDの症状が認められるという統計がだされていますが、軽度のものを含めると相当数の男性がEDの悩みを抱えているようです。

さらに、

50歳代になると、約40%近くの男性がEDの症状があり、中には完全EDも見られるようになります。

完全ED・・・ それは辛い・・・

さっきまでのエロ本視点から、ナンパの指南はおいといて、ED対策視点で見てみれば、

なかなかいい本に見えてこない事もなかったりしたりして。

確かに以前、薬剤師の友人に聞いた所では、70代、80代にしてバイアグラなどの精力増強剤をもらいに来る人は結構いるそうで。

バイアグラと言えば、江頭2:50さんがキャバクラで一気に飲んで救急車で運ばれたというニュースが頭をよぎるけども。

あそこを剣道でいうところの上段の構えにするために血流を上げる副作用として、心臓に結構な負担をかけるのは知る人ぞ知る話。

『双龍門』としては副作用も強い精力増強剤に頼るよりも、ムック本にあるような『面壁功』で血のタンクである太ももをしっかり鍛える事をおススメしますが、

EDに悩める男性もしくはそんな人がお知り合いにいる方であれば、立ち読みはなかなか勇気がいりますが、ぜひ手にとってみられてはいかがでしょうか。

追記

2015年8月14日付けで、東京都より不健全図書に指定され、出版社が書店からの返品、回収を進めているんだとか。

対象は本の内容ではなく付属のDVD。

手元にあるんだけども、いまだ封をあけてない・・・

IMG_0507

これは今のうちに見ておきな というお達しだろうか。

なにやらヤフオクやらアマゾンマーケでプレミアついてるらしい。6,000円とか。

嬉しいようなやるせないような。

逆に見たくなるっちゃあなるけどもね。

ただ双龍門チームとしては、せっかくグランドマスターにインタビューお答え頂いたので、DVD付属なしででも、再販してもらえないかなぁと願うのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 蒼天(おう そうてん)

黄 蒼天(おう そうてん)双龍門氣功法伝承者

投稿者プロフィール

過去、腰痛から左足にかけてのシビレが収まらず、一時期は歩くことすら困難な状態に。

以来健康の尊さを身をもって実感し、健康に関する様々な情報を収集しては実践する日々。

ある日グランドマスターの存在を知るやいなや、いてもたってもいられずマレーシア・ジョホールバルに向かい、師と運命的な出会いを果たす。

現在は『双龍門氣功法』の発展を中心に中医学に関する様々な活動を実践中。

双龍門ホームページ管理人。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 『じゃがバター』を召し上がったことはありますか? よく露店で見かけるかと思います。 現代では税…
  2. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  3. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  4. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  5. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
ページ上部へ戻る