はじめて訪れた方へ

sea-wallpaper1

このページは、これまで『双龍門』をご存じなかった方や、今回初めてこのホームページを参照された方を対象にしています。

このホームページについて

このホームページは、これまで数々の難病をケアされてきた、グランドマスターこと双龍門第76代掌門(継承者):黄 龍英(おうりゅうえい)先生を中心に、多くの人が健康的で楽しい人生を過ごせるようになってほしいという想いをもって作成いたしました。

黄 龍英先生について

ou_ryuei

双龍門第76代掌門(継承者)。

本場米国カルフォルニアの世界トップレベルの大学病院で「精神科」の仕事に従事しながらも、本当に治せる医学を追求するために、中国伝統医療である東洋医学(中医学)の道に入られました。

WHO(世界保健機関)のTCM条約に加盟していない日本国内では、中医学専門のドクターとしての医療活動に従事することができないことから、TCM条約加盟国であるマレーシアのジョホールバルに移住されました。中国伝統医療を用いた東洋医学(中医学)専門病院を開業され、治療活動に日夜従事されています。噂が噂を呼び日本からも連日のように患者が先生の下に訪れています。

(※現在先生は日本一時帰国中です。)

黄 龍英先生の実績

癌(がん)、白血病、糖尿病、肝硬変、緑内障、子宮筋腫、アミロイドーシス、脳出血後の半身不随、血小板減少性紫斑病、脳脊髄液、減少症、脊髄小脳変性症、眼の黄斑変性、青班変性、赤班変性、白内障、再生不良性貧血、重症筋無力症、線維筋痛症、肝炎、魚鱗癬、パニック障害、統合失調症、双極性障害、気管支喘息、ベーチェット病、ギランバレー症候群、木村病、橋本病、バセドウ病、他

双龍門(双龍点睛整体術)とは?

souryu-1300

今から1,700~1,800年前に見いだされました。

経絡上の経穴(ツボ)を刺激することにより、バランスを失い、機能が不完全な状態になった内臓を外から整えます。
 
鍼灸と同じように症状にあった経穴(ツボ)を選び、刺激して施術を進めますが 鍼は使用せず、手指や腕などを使って施術をするのが大きな特徴です。

双龍門の理念

アジアから伝統的な文化を取り戻し、本来の東洋思想や東洋の考え方を根本的に復活させ、それを普及し、中国本土に持ち込みそして世界に東洋の文化を広めて行く事です。

東洋医学と西洋医学

初めて双龍門や東洋医学の事を知った方からはよく、

Aさん
東洋医学と西洋医学の違いって何ですか?

という事を聞かれます。

その違いは、大きく分けると3つあると思っています。

1.部分治療と全体治療

一般の病院である西洋医学では、例えば、

  • 風邪を引いたら内科。
  • 花粉症になったら耳鼻科。
  • 目が痛くなったら眼科。
  • 腰が痛くなったら整形外科。

というように、症状毎に専門の病院が異なります。

目が痛かったり、皮膚が荒れていたりすると、複数の病院に通院する事になりますよね。

それぞれの病院毎に順番待ちをして、それぞれの病院毎にお薬をもらって。

時間も出費もかさみます。

それぞれの専門に応じた科をつくるというのは患者の方から見てもわかりやすい反面、デメリットも生んでしまいます。

それは、

専門外の病気についてはわからないという事。

例えば「慢性疲労症候群」

実際に来院された方からお伺いしたところ、

初めは西洋医学の病院に行ったけれど、原因不明と診断され、

某ドクター
精神的なものだろう。

という診断で、とりあえず、精神安定剤と睡眠剤が処方されたそうです。

参考記事:健者のすすめ!

他にも、原因不明と診断された患者さんは後をたちません。

それはひとえに、西洋医学は部分を対象としているから。

専門外のことは見てくれない事が多いんですね・・・

双龍門が取り組んでいる東洋医学(中医学)では、部分ではなく、患者さんの身体全体のバランスを把握して調整しますので、

専門外だから対応できない、という事はありません。

2.対症療法と予防療法

西洋医学ではよく、

某ドクター
今のところ問題はないので少し様子見をしましょう。

という事を言われます。

しばらくたって病状が悪化してから、

某ドクター
これはよくない!今すぐにでも手術をしましょう!

という流れになる事が多々あります。

病状がはっきりと現れてから対処する、対症療法なんですね。

対して東洋医学では、未病(みびょう)という考え方があるように、病状が現れる前に身体の調子を整え、病気にならないよう、予防するようにしています。

西洋医学を対症療法とすれば、東洋医学は予防療法と言えると思っています。

3.切らない医療

西洋医学は部分治療なので、例えば肝臓の状態が悪化した場合などは、

某ドクター
これはよくない!今すぐにでも肝臓移植のための手術をしましょう!

という事になってしまいます。

臓器移植はドナーが現れるまで時間がかかる場合もあり、移植後のショックなどデメリットも数多く存在します。

東洋医学は、部分治療ではなく身体全体のバランスを調整しますので、一部の臓器を切るという事はありません。

肝臓の難病である”アミロイドーシス”と診断され、西洋医学ではなく、東洋医学を選んだ加藤さんより、その奮闘記の公開許可を得ましたので、あわせてご覧ください。

アミロイドーシス奮闘記

漢方は即効性がない!?

ここ最近、漢方薬の有効性が広まってきたからか、西洋医学の先生から、漢方薬を処方される事も増えてきました。

日本の医療制度では、西洋医師の免許を取得していれば、漢方薬も処方していい事になっているのです。

ただ一方で「漢方は即効性がない。」という事もよく言われます。

原因はいろいろあるのですが、

グランドマスターこと黄 龍英先生はよく、

黄 龍英先生
本当に漢方を使うなら経絡(けいらく)がわかってないとダメ。

という事をおっしゃられます。

実際に、現役の西洋医学のお医者さんで、黄龍英先生の弟子になられた方もいるのですが、

先生の弟子
正しく漢方薬を使えばおもしろいように良くなる!もっと勉強したい!

と言われています。

正しい漢方薬を正しい知識で正しく使うことができれば、漢方も十分即効性があるんですね。

これまで、東洋医学の特徴である、

  • 全体治療
  • 予防療法
  • 切らない医療

について解説させていただきました。

現代の西洋医学とは随分考え方が違いますよね。

ここからは、東洋医学(中医学)ならではの考え方である、陰陽五行論(いんようごぎょうろん)について説明をさせていただきます。

陰陽五行論とは

inyou

双龍門では、今から約4,000年前に誕生した陰陽五行論を中心に、様々な活動にあたっています。

陰陽五行論は、陰陽論と、五行論が結びついた理論体系です。

陰陽論とは?

当たり前といえば当たり前ですが・・

毎日毎日、夜が明けると、太陽が東から昇り、西に沈む事で昼と夜がつくられ、そのサイクルの中で生命は活動ができています。

もし、昼がなくて、一年中夜のままだとしたら、植物は光合成ができず、酸素がなくなって生物は息絶えてしまいます。

また、仮に夜がなかったとしたら、生物がゆっくりと休むことができず、疲労がたまり、活動できなくなってしまいます。

晴れと雨も同じで、もし片方の天気が一年中続けば、生物は活動できなくなってしまいます。

昼と夜があるからこそ生命が活動でき、晴れと雨があることで活動できていまる。

このように、“物事は表裏一体である”という事を、古来の人たちは陰陽と呼んでいました。

陰陽は、自然界だけでなく人体のなかにも存在していると考え、そのバランスを整える事が重要なんだという理論、それが陰陽論になります。

また、陰陽がしっかりバランスがとれている事を”中庸”の状態と呼びます。

日時計と五行論

clock

五行論の始まりは日時計でした。

棒を一本立てて、日が上り、日が沈むにつれ、太陽によってできる影の長さや方向を通して、東西南北という方角がわかりました。

日時計の棒を中心として、中心と、東、西、南、北、合計5つの要素によって、方角が決まりました。

また、一年を通して日時計を観察することで、冬至がもっとも影が長く、夏至がもっとも影が短い事がわかり、そこから季節(春夏秋冬)も把握できました。

*当時は春、夏、秋、冬、と、土用を合わせて5つと考えていました。

自然界の変化を5つの要素に分けて把握する事を五行論と呼びました。

また、陰陽論、五行論ともに、自然界だけでなく、人体にも応用できることがわかり、体系化した医学が、東洋医学(中医学)になります。

紀元前の頃から長い年月をかけ、様々な病気に対応できるようになっていきました。

陰陽五行論と人体

inyou2

陰陽五行論を用いた東洋医学では、人体を大きく5つのグループにわけ、さらにそれぞれを陰陽にわけ、合計10つの要素として把握するようにしています。

5つの要素はそれぞれ、木、火、土、金、水、というグループになっていて、それぞれ人体の内臓が当てはめられています。

  • 木・・肝
  • 火・・心
  • 土・・脾(ひ)
  • 金・・肺
  • 水・・腎

さらに、それぞれの要素を陰と陽にわけます。

  • 木・・肝(陰)、胆 (陽)
  • 火・・心(陰)、小腸(陽)
  • 土・・脾(陰)、胃 (陽)
  • 金・・肺(陰)、大腸(陽)
  • 水・・腎(陰)、膀胱(陽)

また、骨や肉、神経、目や耳なども、陰陽五行に基づいて割り振られています。

  • 木・・目、筋(すじ)、爪
  • 火・・舌、血脈
  • 土・・唇、肌肉
  • 金・・鼻、皮膚
  • 水・・耳、骨髄、髪

仮に木である肝が弱ると、目の病気や爪の病気になります。

ドライアイ、乱視、白内障、爪だと水虫などですね。

そして肝を正常の状態に戻してあげると、これらの病気も回復に向かっていく事になります。

カテゴリー解説

ここからは、このホームページの上部にまとめていますカテゴリーについて解説をいたします。

souryu-menu

はじめての方へ

FAQ(よくある質問集)や双龍門で使われることがある専門用語の解説をしています。

~随時更新中です~

体験者の声

実際に双龍門を体験された方から頂いた意見や実感、体験談などをまとめています。

また、実際に双龍門を体験された方のご感想を随時募集しています。

ぜひ下記リンクより、体験後のご感想を頂戴いただければ幸いです。

お問い合わせ

中医学について

双龍門では、陰陽五行説をベースに様々な施術方法を用いて活動しています。

(例)気功、足反射、筋肉調整、漢方、など。

それぞれに合った記事はこちらにも投稿しています。

占術関連

双龍門では、中国五術を用いて、様々な方へのサポートをさせていただいています。

  • 中国五術

1.命(めい)・・四柱推命
2.ト(ぼく)・・易経、風水
3.相(そう)・・顔相、手相
4.医(い)・・・東洋医学、中医学
5.山(さん)・・気功、薬膳

このカテゴリーでは、命、卜、相、に関連した記事を集めています。

双龍門占術の説明ページも参考にされてください。

双龍門占術の説明

講座・イベント案内

これまでに収録した講座や、過去に開催したイベント、オフ会の情報をまとめています。

講座・イベント案内

活動者の記事

グランドマスターこと黄 龍英先生の元で修行に励んでいる弟子達の記事です。

他のカテゴリーと重複する記事もありますのでご了承ください。

施術申し込み

東京:八王子、京都など、双龍門の活動拠点です。

施術のご希望がありましたら、各申し込みフォームにご記入をお願いいたします。

厳選! おススメ記事まとめ

双龍門の活動を通して様々な記事を投稿しています。

2015年7月現在で200記事以上に及び、記事数はまだまだ増加中。

「毎日楽しく拝見しています!!」

というお声を頂く一方で、

「どこから読めばいいかわからない・・・」

というご意見も頂いていました。

そこで、初心者の方へおススメの記事を独断と偏見で選ばせていただきました!

グランドマスターの濃いいお話をチェックされるもよし、

双龍門を直に体験された方々の記録を目にされるもよし、

ぜひこの機会にそれぞれの想いのこもった記事をご覧ください♪

[厳選!]おススメ記事まとめ~2015年7月

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items

関連記事

最新記事

  1. 『じゃがバター』を召し上がったことはありますか? よく露店で見かけるかと思います。 現代では税…
  2. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  3. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  4. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  5. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
ページ上部へ戻る