足反射区療法での確かな手ごたえ

20150914-2

先日ようやく奥さんのパパに足反射区療法を実施することができました。

奥さんのママが誕生日だったので、近場のオシャレカフェで誕生日パーティをやった後自宅に戻り、のんびりとコーヒーを飲んでいると、

突然奥さんが奥さんのパパに、

奥さん
お父さんの足揉んであげるよ~

と提案し、即席で足反射区療法がスタートする事に。

さっと足を洗ってもらって少し暖めて、試しに購入していたマッサージオイルを足に塗りながら、

奥さん
これやってもらったら私すぐ寝ちゃうんだよ~。

と言いながら足反射区を始めた矢先、

奥さん
最初は腎臓だっけ。
黄 蒼天
いや、心臓チェックだね。

・・出だしからアカン。

2ヶ月ほど前、パパの病気を少しでもよくしようと一緒に『双龍門足反射区療法』の映像を見ながら練習してたけれど、さすがに最近の結婚式の打ち合わせやらなんやらで手がつけられなくなったようで。

奥さん
この次なんだったっけ。
黄 蒼天
膀胱やね。
奥さん
ここでよかったっけ。
黄 蒼天
もうちょい上やね。

・・・

・・・

奥さん
この次どこだっけ。
黄 蒼天
心臓やね。
奥さん
・・・心臓・・・ってどこだっけ。

・・・

・・・

黄 蒼天
俺やろうか~。
奥さん
お願い~。

あっさりバトンタッチしました。

確かな手ごたえ

実を言うと『双龍門足反射区健康法』の勉強をはじめてからというもの、施術相手は常に奥さんでした。

奥さんの足の特徴や痛む箇所は頭に入っていたものの、奥さん以外の足となると初体験。

結婚とほぼ同時期に東洋医学へ仕事を変えるという事を了承していただいた奥さんのパパのためにも、無様な施術は見せられないという責任感を背に負いながら、

マッサージオイルを入念に塗りこみ、足の位置をセットし、『双龍門足反射区健康法』の施術順を思い出しつつ施術開始。

奥さん
私のと違う~?
奥さんのパパ
うん、そうだね。

最初にグイっと指を入れて数秒。

奥さんのパパ
これは内臓に効くやつだろか。
黄 蒼天
そうなんですよ~。

すぐに察していただけたようです。

奥さんの足と比べると随分 老廃物が溜まっているなぁと思いつつ数分。

奥さんのパパ
これは横になってたらすぐ寝るだろな。
黄 蒼天
そうだと思います~。

と言いながら奥さんのパパはうつむき、どうにか眠るのをこらえているようでした。

その後はたんたんと、脳波は共鳴するという事も意識し、できるだけリラックスしながら、早く良くなりますようにという願いも込めながら、施術を続けました。

左足を終え、右足にチェンジし、時折「ウッ」という声に耳を傾けつつ、たんたんと続け、約40分。

黄 蒼天
はい、終わりました~。
奥さんのパパ
あぁー、スッキリした。ありがとう。

と言っていただく事ができました。

大分足が軽くなったらしく笑顔が見られ、翌日も足の感覚が違うと喜ばれた姿を見て、確かな手ごたえと自信とやりがいを感じる事ができたのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 蒼天(おう そうてん)

黄 蒼天(おう そうてん)双龍門氣功法伝承者

投稿者プロフィール

過去、腰痛から左足にかけてのシビレが収まらず、一時期は歩くことすら困難な状態に。

以来健康の尊さを身をもって実感し、健康に関する様々な情報を収集しては実践する日々。

ある日グランドマスターの存在を知るやいなや、いてもたってもいられずマレーシア・ジョホールバルに向かい、師と運命的な出会いを果たす。

現在は『双龍門氣功法』の発展を中心に中医学に関する様々な活動を実践中。

双龍門ホームページ管理人。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  2. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  3. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  4. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
  5. 段々と肌寒い季節となりました。 夏は陽気に満ちた季節でしたが 秋は段々と陰気に満ちる準備の季…
ページ上部へ戻る