20150404−5

2016年4月3日(日)。

八王子にて、『治す力を育てる』講習会を開催。

今回の講習会では、新しい試みをしてみました。

それは3人の弟子の共演。

『黄龍英(おうりゅうえい)』先生の下で、
1年以上、薬膳を学びながら料理を作り続けてきた
『黄 覇里(おう はり)』。

3年前、単独でマレーシアに渡り、
『黄龍英(おうりゅうえい)』先生から
気功を直接伝授され、
3年間欠かさず気功の実践を行ない、
理論について学んできた
『黄 蒼天(おう そうてん)』。

2015年3月26日に
『黄龍英(おうりゅうえい)』先生に正式に弟子入り。

1年で100人以上の方の筋肉と向き合い、
『双龍門筋肉調整法』を行なってきた
『黄 慶山(おう けいさん)』。

3人それぞれが専門特化して学んできた

・薬膳
・気功
・筋肉

について1時間ずつ、
『治す力を育てる』というテーマで
お話しさせていただきました。

まず第一部は、
薬膳の専門家『黄 覇里(おう はり)』先生。

20160404−1

双龍門の中で薬膳は秘伝中の秘伝。

そのため今まであまり公開していませんでした。

しかし今回特別に『治す力』を育てるのに
どういった食事をすればいいのか?

どういう食材がどういう作用があるのか?

一般的に知られている中華料理は、
どういった目的で作られているのか?

といった内容を、薬膳の基礎に基づき、
わかりやすく説明していただきました。

そして続いて登場したのは、
気功の専門家『黄 蒼天(おう そうてん)』先生。

20160404−2

中医学と東洋医学の違いといった
歴史的な背景の話から始まり、

20160404−3

病気の原因や我々の体の中で
『氣』がどんな働きをしているのか?

そして蒼天先生パートの締めくくりに、
我々の体を守る力を上げる呼吸法を
参加者全員で行ないました。

もうすでにこの2人の講習で、
かなりお腹いっぱいの感じでしたが、
最後に自分『黄 慶山(おう けいさん)』が
筋肉について解説させていただきました。

20160404−4

自分が今回お話ししたのは、
なぜ筋肉を整えることで、
『治す力』を育てることができるのか?
という部分。

自分が行なっている
『双龍門筋肉調整法』は
どんな理論を基礎としているのか?

なぜ筋肉を整えると、
体調が回復するのか?

筋肉のねじれが起こる9つの原因とは?

といったことをお話しさせていただきました。

身近に感じる筋肉ですが、
筋肉のことって現代医学ではわからないことだらけ。

腰痛で病院に行けば、
レントゲンとられて、

「骨に異常はないですね。湿布でも出しておきましょう。」

で終わり。

結局何もしてもらえず、
痛みを抱えたまま家に帰る
という経験をされた方も少なくないと思います。

また整体で骨を矯正した3日後ぐらいに、
治っていた痛みがひどくなってぶり返してきた
という経験をされている方も多いと思います。

この2つの現象がなぜ起こるのかについても、
今回の講習会ではお伝えさせていただきました。

3時間に渡り開催した
今回の『治す力を育てる』講習会。

双龍門の弟子3人による初の講習会でしたが、
参加者全員、満足していただけたようです。

最後には活発な質疑応答になり、
会場を借りていた時間いっぱいまで、
お話しをしていました。

参加者全員もっと知りたいオーラ全開だったのには、
正直驚きましたし、同時に嬉しくもありました。

参加者の方が満足して終えることができたことで、
安心したのか講習会後は、
力が抜けて。。。

疲れがどっと出ました。

この講習会は撮影していますので、
編集が終わり次第、
動画購入者には配布させていただきます。

動画で『治す力を育てる』講習会の内容を学びたい
という方は下記のURLをクリックしお申し込みをしてください。

◎『治す力(ちから)を育てる』講習会詳細◎

http://bit.ly/1RvsKsy