22

おとといの夜から、目のかゆみ、鼻水、くしゃみに襲われている自分。

一般的には花粉症の症状と言われるものですが、なぜ冬から春に転換するこの時期に目のかゆみ、鼻水、くしゃみといった症状が起こるのか、やっと理解できました。

自分は『黄龍英(おうりゅうえい)』先生の下に弟子入りしてから、断糖はもちろんのこと、2016年になってからは穀類(お米・小麦など)も断ち、徹底的な食事管理をしています。

それでも自分が目のかゆみ、鼻水、くしゃみといった症状に襲われているのは、体がすごく冷えているから。

今年の冬は暖冬と言われていましたが、結局氷点下まで下がる日もあれば、雪が降り積もる日もあったほど冷え込みました。

その影響で自分の体はかなり冷えを溜め込んだ状態になっており、寒い時は冷えにより、『氣・血・水』の流れが滞っていたものが、2月終わりになり気温が上昇してきたことで、熱により『気・血・水』の滞りが改善し、体の中にあった冷えを外に出そうとする力(ちから)が働くことに。

今まで滞って外に出せなかったものが、外に出てくるようになり、目のかゆみ、鼻水、くしゃみという症状が発生するというわけなのです。

ということで、体の中の冷えが出し切れれば、目のかゆみ、鼻水、くしゃみといった症状は治まることになります。

ではどうすれば冷えを早く体の外に出せるのか?というと。。。

まずは白い悪魔(砂糖・人工甘味料・スイーツなど)を断ち切り、さらに穀類(お米・小麦など)も断つこと。

そして体の中で熱を発生させる燃料である油を多く摂り、呼吸法でエネルギーの循環を活性化することで、冷えを早く体の外に出すことができます。

この時摂取する油は、肉の脂、亜麻仁油といったもの。

自分の場合、油が足りないことで体の中で熱を作ることができず、体温が低い状態。

なので、油を多く摂り、気功でエネルギーをガンガン回し、目のかゆみ、鼻水、くしゃみといった症状を改善させることにしました。

目標としては3月中旬までには、体の冷えを改善し、目のかゆみ、鼻水、くしゃみの症状から抜け出そうと目論んでいるのです。