股関節のつまりは痛いよ(~_~;)

20150710-2

今月に入りおかげさまで毎日のように、『双龍門筋肉調整法』を行なうことができている。

昨日も『双龍門筋肉調整法』を行なったが、昨日は股関節が詰まっている方ばかり。

実は股関節は上半身と下半身をつなぐ要所で、ここが詰まると全身に痛みやコリといった症状が出てくる。

それなのでお見えになる方のほとんどは股関節部分が詰まっている。。。

でも昨日『双龍門筋肉調整法』をさせていただいた方は、特に股関節の詰まりが強く、少し触れただけでも「痛い!」というような状態だった。

なので、股関節部分をほぐしてあげて、エネルギーの流れをスムーズにする必要があるのだが、股関節の筋肉ってとても複雑。

足からくる筋肉の全てが集まっていて、しかも筋肉の『ねじれ』方も股関節の詰まりが悪化すれば悪化するほど、ありえない方向へと筋肉が動いていたりして(~_~;)

まだまだ自分は股関節部分の筋肉の流れに関しては、勉強する余地がありまくり。

『黄龍英(おうりゅうえい)』先生が見えている筋肉の流れが、まだ自分には見えていないことが多く、毎日が学びの連続。

以前は肩の筋肉で苦戦していたのだが、最近肩の筋肉がガッチガチという方が多かったため、おかげさまで肩の筋肉については理解が進み、施術スピードが早くなってきている。

毎日『双龍門筋肉調整法』を行なっていると、次から次へと課題があらわになってきて、やはり人の体を触ることは大事だなと。

そして出た課題を一つずつ確実に超えていけるよう、今後も『双龍門筋肉調整法』を行ないながら、術(わざ)に磨きをかけていくのだ。

追伸

ちなみに昨日『双龍門筋肉調整法』を行なった方から、

「自分で筋肉の『ねじれ』を防ぐ方法はないですか?」

と聞かれ、自分は、

「あることにはあるんですが。。。(^◇^;)」

と答えを濁す感じになってしまいました。

答えを濁すことになってしまった理由。

それは筋肉の『ねじれ』を自分で改善する方法が、『気功』だからで。。

しかもある程度『氣』をコントロールできるようにならないと、自分で筋肉の『ねじれ』を改善することができない。。。

だから誰でもできるというものではないのです。

でも今回行なう『双龍門気功講習会2015』に参加し、『氣』を感じる力(ちから)をつけることができるようになれば、『気功』で自分の筋肉の『ねじれ』を改善するということが現実味を帯びてきます。

ご自身の体がこれから本当に医者いらずの状態になるためにも、今回の『双龍門気功講習会2015』の機会を逃さず、モノにしていただけたらと思います。

『双龍門気功講習会2015』詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items

関連記事

最新記事

  1. 今年から各地域で占術講座を開催することになりました。 現在のところ京都、名古屋、山形、宮崎の4つの…
  2. 足腰をしっかりと鍛えること アトピーや湿疹でお困りの方はおられますか? 特に全身に渡るアトピーや…
  3. 2018年は破壊と進化の年 2018年は中国暦(太陰太陽暦)ですと2月16日が1月1日の元旦と…
  4. 『じゃがバター』を召し上がったことはありますか? よく露店で見かけるかと思います。 現代では税…
  5. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
ページ上部へ戻る