筋肉痛を防ぐため必須な事とは?

20150831

今日は朝5時に起き、八王子から茨城県へ移動。

朝早かったため、はっきり言って眠い(-_-)zzz

しかも朝から高速道路が大渋滞で、結局3時間以上車を運転することに。(~_~;)

朝早くからかなり消耗したが、自分が茨城県へ来た理由。

それは妻のソフトボールの関東大会のサポートのため。

もしかしたら監督が来られないかもしれないということもあり妻から、

「絶対来てね!!」

と念を押され、茨城県を訪れているのだが。。。

で、来てみたら監督がいたので、コーチで済んだ。

監督となると、サイン出したりしないとだから、面倒なので。

今日は一試合だけだったが、なんとか勝つことができた。

勝ったことで明日も試合なので、宿に帰ってから『双龍門筋肉調整法』をすることに。

激しい運動をするわけだから、翌日はかなりの確率で筋肉痛になる。

筋肉痛になると、もちろん運動のパフォーマンスは下がる。

なぜなら動くだけで痛いから。

筋肉にエネルギーがない状態で動くわけなので、当然なのだが。

なので、筋肉痛を防ぐための『双龍門筋肉調整法』をすることになる。

筋肉痛を防ぐには?

でも筋肉痛が全くなくなるというケースは稀。

その方の場合、元から十分に筋肉にエネルギーがある状態。

つまり筋肉の健康状態が非常に良好ということ。

その場合は、激しい運動でできてしまった筋肉の『ねじれ』を元に戻してあげるだけで、翌日も変わりなく動くことができる。

ちなみによくスポーツ中に栄養補給をするといって、スポーツドリンクやエナジードリンク、ゼリー状の飲料を飲んだりする方がいるが、運動している最中に筋肉に栄養補給することはできない。(キッパリ)

むしろ胃を動かすために、胃に『血』が集中してしまい、パフォーマンスを下げる原因になってしまう。

じゃあ、どうすればいいの?と思うだろうが、結局その場で栄養を入れても体力が回復するということはないので、普段の食生活でしっかりと筋肉にエネルギーを貯めておくことが大事になる。

だから体力があるかないかは、普段の食生活にかかっているということ。

しっかり筋肉にエネルギーが貯えられていれば、試合中高いパフォーマンスを保つことができるし、筋肉痛にもなりにくくなる。

逆に試合中に足がつったり、痙攣を起こしたりする場合は、その瞬間に筋肉に貯められたエネルギーを全て使い切ったということ。

スポーツをやられる方は、普段の食生活に十分配慮していただき、筋肉にたくさんのエネルギーを貯められるよう心がけていただければと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  2. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  3. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  4. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  5. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
ページ上部へ戻る