間質性肺炎が治るための奇策・・「もう手遅れです」と言われた男性が○○だけでケロッと

united

最近立て続けに八王子にいらっしゃった患者さん。

病名は「間質性肺炎(かんしつせいはいえん)」。

難病情報センターというサイトによると、

“”
間質性肺炎は、さまざまな原因からこの薄い肺胞壁に炎症や損傷がおこり、壁が厚く硬くなり(線維
化)、ガス交換がうまくできなくなる病気です。また、肺の最小単位である小葉を囲んでいる小葉間隔壁や肺を包む胸膜が厚く線維化して肺が膨らむことができなくなります。線維化が進んで肺が硬く縮むと、蜂巣肺といわれるような穴(嚢胞)ができ、胸部CTで確認できます。””

という、見るからに難易度の高そうな症状。

痰がからみ、血痰をはき、救急車を呼びよせ某大学病院に向かったところ、

「もう手遅れです。」

と言われたそうです。

(西洋病院って結構残酷だね。。)

何か手はないものかと検索に検索を重ねていたら、

息子さんがたまたまこのサイトを見つけられたそうで、

間質性肺炎の治療で東京は八王子にすぐに電話があり、施術することに。

間質性肺炎が治るための奇策とは

患者さんを見た『黄 龍英』先生は一言。

黄龍英先生「食べすぎですね。食事制限しましょうね。」

というアドバイス。

患者さん「え?!それだけですか?!」

黄龍英先生「はい、それだけです。」

思わずポカーンとする患者さん。

「もう手遅れ」と言われた手前、

黄 龍英先生に言われるがまま、食事制限をした結果。

2週間で8kg減。

止まらなかった咳が止まり、呼吸が随分楽になったそう。

「お腹は空くんですが、調子はいいんですよね。」

2度目に来院された時は随分顔色も良くなり、

「ちょっとやってみたいんです。」

と、『双龍門氣功法〜初歩編〜』のDVDも入手され、
順調に健康な身体を取り戻されています。

それにしても。

“食事制限だけで治る”

病気が、難病指定されているというのは、

ちょっと変じゃない?

と思っちゃいますが、

西洋医学だけでは原因がわからない、ということなんでしょうね。

もっと東洋的な視点が普及してくれたらいいなと思うとともに、

もし病院から『間質性肺炎』と診断された方は、決してあきらめずに、ぜひ一度『双龍門』までご連絡くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 蒼天(おう そうてん)

黄 蒼天(おう そうてん)双龍門氣功法伝承者

投稿者プロフィール

過去、腰痛から左足にかけてのシビレが収まらず、一時期は歩くことすら困難な状態に。

以来健康の尊さを身をもって実感し、健康に関する様々な情報を収集しては実践する日々。

ある日グランドマスターの存在を知るやいなや、いてもたってもいられずマレーシア・ジョホールバルに向かい、師と運命的な出会いを果たす。

現在は『双龍門氣功法』の発展を中心に中医学に関する様々な活動を実践中。

双龍門ホームページ管理人。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 『じゃがバター』を召し上がったことはありますか? よく露店で見かけるかと思います。 現代では税…
  2. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  3. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  4. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  5. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
ページ上部へ戻る