『命』に向き合う

20160121

2016年になり、立て続けに命と向き合う機会に巡り合いました。

現在自分は『黄龍英(おうりゅうえい)』先生に弟子入りして、『双龍門筋肉調整法』を通して、自分ではない誰かの体調を改善するという活動を続けています。

それは間接的にではありますが、『命』に関わる仕事をしていると自分は考えています。

ただ人の生死に立ち会ったことは、実際にはありませんでした。

しかし2016年になって、立て続けに『命』に関わるシーンに対面することになりました。

実際にその瞬間を目の前にした時、『命』の儚さ(はかなさ)と尊さ(とうとさ)を感じられた瞬間でした。

その瞬間は突然訪れる。

さっきまで確かにそこにあったものが、ある瞬間に途絶える。

それは本当に突然で、ある時を境に生死が別れる。

さっきまでそこにあったはずなのに。。。

ほんの数分前には感じられていた命の鼓動が、突如なくなる。

その瞬間に立ち会ってみて、本当の意味で『命』というものが理解できたのかもしれません。

だから自分は思うのです。

今というこの時間を大切にすること。

一瞬一瞬を精一杯生きること。

最後の瞬間に、「この人生は良かった。。」と言える充実した時を過ごすこと。

そのためには、日頃から健康に気遣うことが、すごく重要なことに、改めて気づかされました。

万全に近い状態で日々を過ごし、挑戦し続ける姿勢。

以前Facebookで目にした言葉。

・努力して後悔した人を見たことがない
・練習して下手になる人もいない
・勉強して馬鹿になる人もいない
・何かをして変わった人はいても、
何もしないで変わった人はいない

を胸に、これからも健康に関する活動を続けていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 『じゃがバター』を召し上がったことはありますか? よく露店で見かけるかと思います。 現代では税…
  2. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  3. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  4. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  5. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
ページ上部へ戻る