流れを止める系の薬の怖さに唖然(~_~;)

TS330150

今日から8月。

これからが夏本番という感じですが、暑さで体調を崩す人が多くなっているようだ。

八王子の医院でも大変なことになっているが、自分は体調を崩すことなく、元気に『双龍門筋肉調整法』を行っている。

で、今日はたまたま『黄龍英(おうりゅうえい)』先生を漢方薬局に乗せていく用事があり、車内で薬から漢方のことなどを聞くことができた。

その一つが流れを止める系の薬のこと。

これって本当に怖いなと。。。(~_~;)

止める系の薬の恐ろしさ

例えば体調を崩し、咳が止まらない、下痢が止まらないと病院に行くと、咳止めや下痢止めといった薬を処方される。

これが普通。

(普通と言えるのが怖い。。。)

で、飲んで何日かすると咳や下痢が止まる。

もしくは止まらないとずっとその薬を飲むなんてことも。

『止め』というぐらいだから、エネルギーの流れや『血』の流れも止めて、症状を抑えるというのが目的の薬なわけで。

そのほかにも症状を止める系の薬はたくさんあり、有名なところだとステロイドとかロキソニンといったものも、症状を止める系の薬になる。

そういった症状を止める系の薬を飲み続けていると、筋肉が硬くなり、伸縮ができなくなり、『血』が流れなくなってしまう。

そうすると『血』が『滞り』を起こし、黒い『瘀血(おけつ)』に変化する。

それだけでも十分に危険な状態なのだが、さらに流れが悪いままだと、筋肉の中に『血』が収まりきらなくなり、筋肉から『血』が滲み出して、筋肉と筋肉の間に『血』が入り込んでしまうという現象が起こる。

こうなってしまうと、動くだけで痛みが襲うようになる。

なぜかというと本来筋肉と筋肉の間には、動きがスムーズになるように、潤滑油があるのだ。

しかしその部分に『血』が入り込んでしまうことで、筋肉同士が擦れる状態になってしまう。

そのため、動くたびに痛みが走るということなのだ。

ただここまで止め続けてしまうと、すでに『ガン』になっている可能性も高い。

なので、症状を止める系の薬はできるだけ避けていただきたい。

特に女性は毎月のものがあり、その度に痛み止めを飲んでいると、40歳頃には『ガン』になっているなんてこともあるので、気をつけていただきたいと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  2. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  3. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  4. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
  5. 段々と肌寒い季節となりました。 夏は陽気に満ちた季節でしたが 秋は段々と陰気に満ちる準備の季…
ページ上部へ戻る