20160118

人の冥福に立ち会いました。

今までずっと側でお世話をさせて頂いた方が旅立つこととなりました。

私の亡き祖父と誕生年が一緒の方だっただけに

家族のような感情が込み上げてきます。

戦争や関東大震災など様々な苦難を乗り越えて生きて来られた方でした。

いつも戦時中の話しなど命の尊さを学ばせて頂きした。

『生命のキーポイントは水』

と言う言葉を残されました。

大いなる世界は

水と共に栄え

大地を潤し

命の礎を築き

生命の息吹を感じさせる。

私は故人のお話しからこのように解釈させて頂きました。

命あることが『当たり前』ではなく

命あることが『有難い』と言う教えであり

生命は『水』の流動から誕生し

生命は『水』の枯渇にて滅する。

人間は弱くその命は儚いですが

人間には多くの『希望』があります!

人間の『希望』は多くの人間の力を合わせることにより

自然の法則を超えた『奇跡』を生み出すことができます。

即ち人間は命あることこそが『奇跡の証』なのです!

今この世に生を受けた『奇跡』を感じ

人間としての宿命を担い『奇跡』を生むことが

『人間の生きる意味』なのだと私は思います。