筋肉調整法をついに初体験!

P1020564

2015年ゴールデンウィークの八王子集中合宿2日目。

この日は朝6:00に起床し、

6:30にロビーで『黄 慶山先生』と合流。

歩いて15分ほどのところにあるスーパー銭湯に向かう。

なんでも午前中は半額で入浴できるらしく、よく利用しているとか。

『双龍門筋肉調整法』の施術に専念してからの生活環境や、普段の過ごし方、時間の使い方、休日の活用方法、よく出向く美味しい精肉店の場所、将来の目標、現在の課題、先生のスゴさなど、思いつく限りの質問をしながら意見交換。

普段Skypeで意見交換してはいたものの、やっぱり直接あって話すとスピードが段違い。

広々としたスーパー銭湯でしっかり汗を流し、帰宅した後、『黄 慶山先生』による『双龍門筋肉調整法』の施術が始まったのです。

『黄 慶山先生』による『双龍門筋肉調整法』指南

施術には、京都から来ていた『黄 藍青 先生』も合流して見学させてもらうことに。

わりと低めの施術台に横になり、施術開始。

後日聞いた話では、しっかり体重をかけるためにも、この高さの方がやりやすいそうで。

黄 慶山先生
まずはじめにここからこう見るんですよ、すると、○○側の筋肉が盛り上がってるじゃないですか。

頭頂部付近から身体の筋肉のバランスをチェック。

黄 藍青先生
んー、そう言われれば、確かに○○がちょっと違いますね。

『黄 藍青 先生』もメモをとりながら高さをチェック。

黄 慶山先生
ということは、こっち側に熱があるので、まずはここを整えていきます。

と言って、両手を○○の内臓の位置に持ってきて、

黄 慶山先生
ちょっと痛いと思いますよ。

「はい。」

と言うやいなや、両手の指をズブリ。

ギャーーー!!! ギャーー!! キャー! ウゥー・ ・・・ ・・ ・・・フゥ・・・

っと言ったところで、フッと手を戻す『黄 慶山先生』。

いつぞやにグランドマスターから秘孔をひとつきされて以来の激痛。

熱が溜まってたんですね・・えぇ、心当たりはありありですとも。

黄 慶山先生
ここに熱があるという事は、だいたい○○の筋肉にも滞りがあるので、今度はここを押さえながらこっちを・・

と言いながら、股関節あたりをズブリ。

ハウッ・・・

もうムリ、もう喋れない。

まるで蛇ににらまれたカエルのように力が抜け、あとはただただ委ねるだけになってしまいました。

筋肉理論に大興奮

その後も『黄 慶山先生』による『双龍門筋肉調整法』指南は続き。

黄 慶山先生
こうやって足を見ていただくと、右側の足が外側に開いちゃってるじゃないですか。
黄 藍青先生
あぁ、確かに。

隣で見ている『黄 藍青 先生』は細かくメモをとっていて。

黄 慶山先生
という事は、足の内側の筋肉が引っ張られているという事なので、ここと、ここを押さえて調整します。
グググッ・・ (ぐぬぬ・・・)

淡々と進む『黄 慶山先生』による筋肉理論。

一度で全部を覚えるのは到底ムリだと悟り、

「すみません、後でそのメモ見せてもらっていいです?」

黄 藍青先生
あ、大丈夫ですよー。

と『黄 藍青 先生』にメモの依頼をお願いしました。

黄 慶山先生
ここの筋肉は、ここから2つに分かれて、そのままずーっと上に上がっていって、ここで一旦合流して、またずーっとあがって、ここで脇の下と頭の方に分かれて、頭の方の筋肉がずーっと○○までつながって。

身体中の筋肉を完璧に暗記している『黄 慶山先生』による筋肉理論特別講義。

めったにない機会を十分に堪能させていただきました。

グランドマスターによる最終チェック

細かく解説をしていただきながらの施術で、普段よりたっぷり時間をかけていただき、気づいたら約1時間半は経っていました。

一通り筋肉調整を終えたようで、

黄 慶山先生
ここまでやった後は、先生に最終チェックをお願いしています。

と言ってグランドマスターを呼びにいく『黄 慶山先生』。

グランドマスターがお見えになり、僕の身体を見るやいなや、

黄 龍英先生
おぉ(笑)、相当お疲れだねぇ。

本業がデスクワークということと、ここ最近は双龍門ホームページを特急でつくってた反動もあり、大分疲れが溜まっていたんでしょうね。。

黄 龍英先生
こことここの筋肉をこっちに調整して。

黄 慶山先生
あ、はい、わかりました。

と言いながら、○○の筋肉をグイッと。

(ぐぬぬぬぬ・・・)

眠っていた熱が溶け出してきたかの様な痛みが・・・

黄 龍英先生
よし、オッケー。
フワぁーーーーッ・・

ありったけの安堵のため息をださずにはいられませんでした。

「ありがとうございました!」

それにしても、まさかここまで細かく指南していただけるとは・・・、本当に光栄でしたね。

その後、グランドマスターより、僕もこの技術を身につけるよう指示があり、しっかりと『黄 藍青 先生』のノートを確認させていただきました。

『双龍門筋肉調整法』の凄み、ぜひ一度ご体験ください。

『双龍門筋肉調整法』予約フォーム

PS.

『黄 慶山 先生』と『双龍門筋肉調整法』についての対談を公開していますので、ぜひあわせてご確認ください。

[音声]双龍門Ch. #001 双龍門筋肉調整法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 蒼天(おう そうてん)

黄 蒼天(おう そうてん)双龍門氣功法伝承者

投稿者プロフィール

過去、腰痛から左足にかけてのシビレが収まらず、一時期は歩くことすら困難な状態に。

以来健康の尊さを身をもって実感し、健康に関する様々な情報を収集しては実践する日々。

ある日グランドマスターの存在を知るやいなや、いてもたってもいられずマレーシア・ジョホールバルに向かい、師と運命的な出会いを果たす。

現在は『双龍門氣功法』の発展を中心に中医学に関する様々な活動を実践中。

双龍門ホームページ管理人。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 2018年は破壊と進化の年 2018年は中国暦(太陰太陽暦)ですと2月16日が1月1日の元旦と…
  2. 『じゃがバター』を召し上がったことはありますか? よく露店で見かけるかと思います。 現代では税…
  3. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  4. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  5. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
ページ上部へ戻る