20151002

7月に撮影した新しい気功。

時間がかかったが、ついにサンプルDVDが完成し、今最終チェックを行なっている。

今回、新しい気功を撮影するにあたり、映像制作会社に依頼し、DVDのパッケージングまでをお願いすることになっている。

撮影したのは7月だったが、映像の編集や説明のテロップなどを入れてもらう作業をしていただき、

作業が終わったらチェック、作業が終わったらチェックを繰り返し、やっと今回サンプルDVDの完成にこぎつけた。

今はDVDを見ながら、テロップに間違いがないかどうか、ちゃんとDVDが動作するかをチェックしている。

最終確認が終了し次第、DVDのプレスに入り、販売を開始するという流れになる。

販売できる日が楽しみ!

新しい気功DVDを発表する理由とは?

今回、新しく撮影した気功は、『双龍門氣功法初歩編』というタイトルになっている。

すでに双龍門気功法を購入されている方がたくさんいる中で、改めて『双龍門氣功法初歩編』を撮影したのには理由がある。

その理由とは。。。

理由1

負荷が軽く体力がない人でも取り組める気功を作りたかったから

以前に発表していた『双龍門気功法』では、体が弱ってしまっている方は取り組むと、逆に体調を崩してしまうということがあった。

しかし『双龍門氣功法初歩編』は体力がない人でも取り組めるよう、とても簡単な動作で行えるようになっている。

理由2

体質改善のため、身体(からだ)の力(ちから)を補い、悪いものを出す2種類の功法が必要だったから

『双龍門氣功法初歩編』の大きな特徴は、身体(からだ)の力(ちから)を補う功法と、身体(からだ)から悪いものを出す功法の2種類が収録されていること。

身体(からだ)に力(ちから)が足りない方は補うための功法、老廃物が溜まって滞りを起こしている方は悪いものを出す功法と、より体質に合った功法を行えるようになっている。

そのため、体質改善への効果がより得やすくなっているのだ。

理由3

体操ではなく医療としての気功を知って欲しかったから

『双龍門氣功法初歩編』は、医療用気功になる。

体力の回復、老廃物の排出といった効果が、『双龍門氣功法初歩編』を継続することで得られるよう構成されている。

体調を整えるために必要な身体(からだ)の力(ちから)を補うことができ、病気の原因になる『滞り』を防ぐことができる。

『双龍門氣功法初歩編』を行なうことで、自分自身で体調管理ができるようになり、医者いらずの身体(からだ)になることができるのだ。

以上の3つの理由から、改めて『双龍門氣功法初歩編』を製作した。

しかも今回のDVDには、『黄龍英(おうりゅうえい)』先生自ら気功の説明、さらになぜ病気が起こるのかを解説し、収録している。

動作についても、すべて動画だけでなく、文字での説明、さらに2方向から撮影することで、実践しやすくしている。

まだ販売する日程は決まっていないが、決まり次第改めてお知らせさせていただく。

ちなみに『双龍門氣功法初歩編』は本数限定発売となることを、ご了承いただければと思う。