20160127

男性なら死ぬまで漢(おとこ)であり続けたい!という気持ちは、少なからず持っていると思います。

実は男性における精力は、いつまでも若さを保つためだけでなく、長寿にも大きく関わっています。

精力を保ち続けるということは、いつの世も男性にとっての悲願でした。

その悲願を成し遂げるために生まれた医学、それが中国伝統医学です。

その中でも双龍門は『皇極医学(こうきょくいがく)』と呼ばれ、中国皇帝のための医学として発展してきました。

なぜ中国皇帝が医学を必要としたのか?

それには2つの理由があります。

一つ目は世継ぎ問題、もう一つは政権の安定化です。

あまり知られていませんが、中国皇帝が世継ぎを創る際は、すべて公に公開されていたということ。

簡単に言うと人の見ている前で、行為を行っていたのです。

しかも相手にする人数は、朝から晩まで何人もおり、まさに種馬のように何度も行為を行わなければならなかったのです。

そのため、中国皇帝にとって精力はなくてはならないものでした。

なので、精力を高めるためにはどうしたらいいか、ずっと勃たせるにはどうしたらいいかを研究させたのが、『皇極医学(こうぎょくいがく)』。

そして研究を重ねていく上で、精力を保つことは、長寿にもつながることがわかったのです。

つまり精力を高めることで、世継ぎをたくさん作れるだけでなく、長寿になることで政権の安定化をはかれることがわかったのです。

では中国皇帝の精力を保つために、一番重要だったこととはなんだったのか?

それは『体温を高く保つ』ことです。

なぜ体温を高く保つことで精力がつくのか?

それには『血』が大きく関わっています。

『血』は精液になったり、陰茎を勃たせたりと精力に関して、重要な役割を果たしています。

体温を高く保つことで、『血』が生成しやすくなり、精力が向上していくことになるのです。

しかし現代人の多くは低体温の状態にあります。

本来なら人間の平熱は37.5ぐらいだったのですが、食生活の変化、特に糖を多く摂る食生活になってから、どんどん平熱が下がっています。

今では平熱が34℃代という方もいるほどです。

なので、精力を向上させ、漢(おとこ)として人生を謳歌するためには、糖を多く摂る食生活は避けなければならないということなのです。