乳首からの出血で疑われる病気とは

20151230-2

毎月施術に来ていただいている女性から
ご相談のメールがありました。

「最近、下着の胸あたりに血がついていました。
最初は夜、寝ている間に掻きむしっているのかと
思っていたのですが、2、3日前にお風呂に入っている時に
左胸の乳首から出血しているのを発見しました。」

というもので、出血量はごくわずかであり
痛みや違和感、倦怠感なども全く無いということでした。

次回の施術は年明けになってしまうので
それまでの間少し不安になったので
メールでご相談されたようです。

乳首からの出血の原因としてまず頭をよぎるのが
「乳癌」の可能性だと思います。
他にも乳腺炎や乳腺症などの可能性もあるでしょう。

また中医学的には「瘀血」が出てきた可能性も考えられます。
(「瘀血」とは気や水液の流れが停滞し汚れた血が
留まっている状態のことです)

ですので
「出血が掻いて皮膚から出たのか、
それとも以前腫瘍や瘀血が乳腺にあり
それが壊れて乳頭から出たのか、原因が特定しにくいので
出血の部位と状況(全く掻いていなくても出たのか)、
それと食事の状況(最近食事が変化していないか)など
詳しく教えていただけますでしょうか。

また左胸の乳首周辺だけでなく
左脇の下から乳頭までくまなく触って違和感などがないか
調べてみてください。」

と返信したところ、
・出血は掻いたものではないこと
・色は黒っぽくサラッとしている
・胸にしこりや違和感はない
・食事は揚げ物が多かった
ということでしたので、
この出血の原因は瘀血だろうと判断しました。

以前整体院で油の話をした時、使われている油がサラダオイル
だということを聞き、すぐに油を変えていただく事、
それと青汁豆乳やomega3オイルも飲んでいただくよう
指示しましたので、それにより流れが良くなり
中にあった瘀血が排出されたのです。

急に意外な所から出血したりすると
驚きますし、不安にもなるでしょう。

でもあわててガン検診に行ったりしないでください。
まず落ち着いて一度相談して下さい。

今の身体の状態、食生活を聞けば
おおよその判断はできますし、
それでも不安が拭えないという場合には

双龍門には秘伝の
「ガンがあるかどうかが分かる」
方法があります。

もし気になる症状がある場合は
できるだけ早くご相談していただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄藍青 (おう らんせい)

黄藍青 (おう らんせい)京都:双龍門整体院院長

投稿者プロフィール

>>京都:双龍門整体院予約フォーム

過去に自律神経失調症やパニック障害を体験。

数々の病院を回っても原因不明という診断結果を受け、西洋医学の限界を感じ、東洋医学やヨガ、アーユルヴェーダを独学で実践し完治させる。

『黄 龍英』先生の存在を知った時に、

『今まで私が求めていたものはこれだ!』

と閃きすぐにマレーシアへ飛び弟子入りを志願。

「今度は自分が病気で苦しむ人を救ってあげたい、助けてあげたい!」

という想いを胸に、多くの方々の健康と喜びに貢献できるよう、現在は京都で活動中。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  2. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  3. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  4. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  5. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
ページ上部へ戻る