20151209-3

今日は昨日の続き。

人間の体には『油』が必要不可欠というお話をした。

参考:[link]『油』を摂りすぎると太るはウソ!

なので、良質を油を摂ることは、体にも筋肉にもとてもいい影響を与えるのだが、具体的にどんな油を摂取すればいいのかという疑問が湧いてくると思う。

『黄龍英(おうりゅうえい)』先生にお伺いしたところ、人間の体に必要とされている油には、3種類あると説明していただけた。

それは、

  • オメガ3
  • オメガ6
  • オメガ9

の3種類。

と、これだけ聞いてもなんのこと?となるが。

(実際自分もお話を聞いている時、それは何を指しているんですか?と聞きました(^◇^;))

上記の3つは油に含まれる成分を指しており、それぞれ含まれている食品も違ってくる。

オメガ3が含まれる油

・亜麻仁油
・エゴマ油
・青魚の油

になる。

この油は基本的に生で摂取することを、八王子にお見えになった方には勧めている。

オメガ6が含まれる油

・肉類の油

になる。

肉というと、鶏肉・豚肉・牛肉・羊肉・馬肉とあるが、すべての肉類の油にはオメガ6が含まれている。

オメガ9が含まれる油

・オリーブオイル
・太白ごま油

になる。

太白ごま油は火を通して使うが、オリーブオイルは火にあてると酸化するので、火を使わないか和える程度が望ましい。

ただ、どの油も体にとってはとても大事になるので、偏って摂取してしまうと、体に何らかの影響がでるようになる。

結局のところ、油の摂取に関しても、偏りなくバランスをとって摂取することが大事。

普段の食生活で、野菜中心だとか、肉は食べずに魚だけとかいう方もいるかもしれないが、そうするとどうしても摂取している油に偏りが出て、体調に変化が起きる原因になる。

現在、肉食がいいだとか、ベジタリアンがいいだとか、極端に偏った食事法を推奨する方もいるが、極端に偏った食事はあまりお勧めできない。

(体の状態が悪く、治療する上で必要な場合、極端に食材を絞ることはあります。)

以上のことを、食事をする際に参考にしていただければと思う。

PS.
双龍門的な食の話題は下記ページでまとめていますので、ぜひご覧ください。
[link]無為自然的な食べもの集