筋肉を調整した後に痛みが

20151029
今週に入り、八王子には『黄龍英(おうりゅうえい)』先生のお弟子さんの一人がお見えになり、普段できない質問などを直接先生に聞き、実践を交えながら学んでいます。

そんな中、火曜日は先生たちが外出していたため、自分が『双龍門筋肉調整法』をして、筋肉に関する説明を行なうことになりました。

筋肉の走行に始まり、どんな風に『双龍門筋肉調整法』を行なっていくのか。

筋肉の『ねじれ』とはどんなもので、どこをどのように見たらいいのか。

筋肉を正常な位置に戻していくには、どんなことをすればいいのか。

といった具体的なことを、実技を交えご説明させていただきました。

一通り説明が終わった後には、ご自身で『双龍門筋肉調整法』を体験していただき、どのくらいの強さで筋肉を押していくのかも体験されました。

そのお弟子さんの場合、右に力(ちから)が入っているようで、体の右側が前に出ている状態。

そのため、右側の筋肉が背中側にいくようにしながら、左側を起こすという形で『双龍門筋肉調整法』を進めていきました。

進めていくと顔も同様に、右側の方が高くなっていることに気づき、顔の筋肉も調整。

右側だけ高かった頬骨を左右同じ高さまで戻すことができました。

その後、『双龍門筋肉調整法』を終え、食事をしていると、

「右肩が痛いのよね。」

とのこと。

それに対して先生が、

「あー、冷えて前の位置に戻ろうとしてるから、痛いんだよ。」

とご説明されていました。

筋肉の『ねじれ』の癖が強いと、戻ろうとする力(ちから)も強くなります。

そのため、『双龍門筋肉調整法』をした後に、体に痛みが出るという場合もあります。

特にこれから気温が下がってくると、冷えによる筋肉の戻りで痛みが出ることが多くなると考えられます。

そういった時は、できるだけ体を温めて、筋肉が硬くならないよう、防寒対策をしっかりしていただくこと。

筋肉の戻りで起こる痛みには十分注意していただきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 『じゃがバター』を召し上がったことはありますか? よく露店で見かけるかと思います。 現代では税…
  2. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  3. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  4. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  5. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
ページ上部へ戻る