寒い時期の関節痛を防ぐには?

20151126-2

昨日の八王子は朝から曇り空で、そのあと雨が夜まで降り続けた。

そのおかげで気温は10℃を下回る寒さ。

冷え体質改善途中の自分にとって、正直この寒さはこたえる。(T ^ T)

『冷え体質改善30日間チャレンジ』を始めて、もうすぐ30日。

肝腎の手足の冷えの状態はというと、だいぶ改善されているものの、まだ手足の冷えはある状態。

自分の場合、内臓(肝・心・脾・肺・腎)起因のものと、筋肉の『滞り』による流れの不通で、手・足の冷えが起こっているので、どちらも改善できると手足の冷えに悩むことはなくなるわけだが。。。

やっぱり時間はかかりそう。(^◇^;)

寒くなると関節痛が増える理由

で、寒くなってくると多くなってくるのが、冷えによる肩・腰の痛み。

筋肉は体の表面近くにあるため、気温の影響をもろに受ける形になる。

寒いと肩が上がり、前に出る傾向にあるだけでなく、、、

全身に力(ちから)を入れることで、体の中の熱を外に出さないようにし、寒い外気を体の中に入れないようにする。

これは寒さに対する人間の自然な反応。

寒さから身を守るためにとる防御体制になるのだが、全身に力(ちから)を入れることで、当然エネルギーの流れが悪くなる傾向にある。

そのため、寒くなってくると肩関節痛や腰痛が起こりやすくなってくるのだ。

寒い時期の関節痛を防ぐには?

では、どうすれば寒い時期の肩関節痛や腰痛を防ぐことができるのか。

それは体を温めること。

朝起きて体が冷えていると感じたら、足湯につかったり、足にドライヤーを当てたりして温める。

そして外に出るときは、しっかり防寒対策をする。

自分の場合は、スポーツ用のベースレイヤー(防寒下着)を上下着用し、ソックスは薬局などで販売されてる『足が冷えない魔法の靴下』を履いて、その上にこれまた冬用のジャージを着ている。

こうすることで、ある程度冷たい外気から筋肉を守ることができる。

食べ物にも気を使って!

また食べるものも大事。

特に体を冷やしてしまうような食べ物は避けないと、胃が冷える。

胃が冷えてしまうと、足の冷えが強くなるということが起きる。

実は足の冷えの原因は、胃・脾の冷え。

そのため、足先が冷えて感覚がなくなるという場合は食べ物には、細心の注意をはらう必要がある。

もうすぐ年末年始に突入しクリスマスや忘年会といった行事で、甘いものが出てくる機会が多くなる。

甘いものに含まれる白い悪魔(砂糖・人工甘味料・スイーツなど)は、ものすごく体を冷やす。

現代人の多くが冷えている原因は、白い悪魔(砂糖・人工甘味料・スイーツなど)を摂取しすぎていることにあるので、

特に年末年始は食べるものに気を使っていただき、体を冷えから守って、『滞り』のない筋肉にしていただきたいと思う。

すぐに肩関節痛や腰痛を改善する方法

この2つのことを守ることで、寒い時期の肩関節痛や腰痛はだいぶ改善される。

ただすぐに肩関節痛や腰痛を改善したい!という場合は、もっといい方法がある。

それは、『双龍門筋肉調整法』を受けること。

『双龍門筋肉調整法』で筋肉の流れを整えることで、冷えの原因になる胃・脾の冷え、筋肉の『滞り』を改善することができる。

現在、寒い時期の肩関節痛や腰痛を防ぐ方法のレポートを作成予定。

12月中に『双龍門筋肉調整法』にお見えになった方の特典としてお渡しするので、出来上がるまで少しお待ちいただければと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  2. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  3. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  4. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  5. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
ページ上部へ戻る