20150904今日は『お金』のお話。

普段筋肉についてばかり語っている自分が、『お金』について話すのは違和感があるかもしれないが、少しお付き合いいただければと思う。

自分が『黄龍英(おうりゅうえい)』先生に正式に弟子入りして、5ヶ月が過ぎた。

先生に弟子入りしてからというもの、サラリーマン時代には体験できなかったいろんな貴重な経験をさせていただいている。

サラリーマン時代には会社にいるだけで、毎月決まった額が入ってくるという仕組みになっていたが、弟子入りした現在では当然ながらサラリーマン時代とは違う仕組みになっている。

(本当に会社にいるだけって時もありました。。。(。-_-。))

自分の場合、幸運にも弟子入りすると同時に、『双龍門筋肉調整法』でお見えになる方がいたため、対価をいただくことができているが。

(弟子入りすれば『お金』がもらえるというわけではないです。)

実は弟子入りしてからというもの、東洋医学(中医学)を学ぶと同時に、『お金』のことに関しても学ばせていただいている。

サラリーマン時代には、何もしなくても様々な税金や保険料といったものが、給料から天引きされて、手元に入ってきていた。

その内訳は給料明細に書かれていたが、手元に入るお金ばかりを見ていて、あまり保険料や税金を気にしたことはなかったというのが、正直なところ。

しかし、今は将来のことを考えて、『お金』に関する様々なことも学んでいる。

税金。。。(~_~;)

その一つが税金。

特に『消費税』。

以前はものを買う時に、消費税がかかっているぐらいにしか考えていなかったが、現在『双龍門筋肉調整法』をして対価をいただくという経済活動をするようになってからは、消費税というものを無視することができなくなっている。

国税庁のホームページを見ると『消費税』とは、

〝特定の物品やサービスに課税する個別間接税とは異なり、消費に広く公平に負担を求める間接税です。

消費税の課税対象は、国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡、貸付及び役務の提供と外国貨物の輸入です。

この消費税は、生産及び流通のそれぞれの段階で、商品や製品などが販売される都度その販売価格に上乗せされてかかりますが、最終的に税を負担するのは消費者となります。″

国税庁ホームページより

とのこと。

そして納税義務者を見ると、

〝国内取引の納税義務者は個人事業主と法人です。″

と記載されている。

ということは、自分の施術料も消費税の納税義務があるということです。

そんなことを『お金』について学び始めて知ることになり、計算をしているわけだが、その計算がものすごく細かい。。。(~_~;)

そして納税の額が結構多いことが判明しまして。

(このままだと、おまんま食い上げだ!的な状態になる危険性が(^◇^;))

そこでこちらの都合で申し訳ないのですが、10月から施術料に消費税分を上乗せすることにした。

9月いっぱいは施術料は現在のままだが、10月からは10,800円とさせていただく。

なので、値上げ前に『双龍門筋肉調整法』を受けてみたいという方は、『双龍門』のホームページから施術のご予約をしていただければと思う。

『双龍門筋肉調整法』ご予約フォーム
[link]http://souryumon.com/grand-master/

追記

双龍門が提供している全ての施術・占術についても消費税を追加させていただく方向で検討中です。

10月より、各施術・占術料の金額欄に、(税別)と追記いたします。

ご了承ください。