え?視力って上がるの?

20150422
中学生以来の友人、近藤君と話しているうち、視力の話になりました。

近藤君
え?視力って上がるの?

毎日のようにパソコンと向き合い、オフの時間はスマホを使うからか、以前より目が疲れやすくなっているそうで。

黄 蒼天
確かに普通の人は知らないかもね~

東洋医学にのめりこんだ今だからこそ、視力は上がる、という事が当たり前に感じれますが、東洋医学に触れる前までは信じられなかったですからね・・

視力改善のカギは肝臓にあった!

東洋医学には経絡(けいらく)という考え方があります。

健康系の雑誌などではよくツボが紹介されていますが、経絡というのはそのツボをある規則にそってつなげた通路です。

例えると、ツボが駅で、経絡が線路。

新宿駅みたいにいろんな線路が行きかうツボもあれば、地下鉄みたいにそれぞれの内臓につながっています。

で、肝臓の経絡(線路)というのが、足の親指から足の内側を通って、泌尿器系を通って、おなかを過ぎて顔まで上がって、目につながっています。

肝臓の調子が悪くなると、その経絡にそって異常がでてきて、目にも影響してきます。

僕がその事実を知ったのは、グランドマスターこと黄龍英先生と初めて出会った時でした。

さらりと答えるグランドマスター

2013年7月。

知人の紹介を経て、奇跡的な偶然が重なって、気づいたら僕は、マレーシア・ジョホールバルにいました。

流れに任せ、ちょうど治療中だった共通の知人、真田さんも含め、会話に参加しました。

真田さん
蒼天君、そういえばどこか弱ってるところないの?

しばらく考えて、ふと思いついて、

黄 蒼天
ドライアイが気になりますかね~。

と言葉を発した瞬間に、

黄 龍英先生
あ~そんなの。(楽勝)
黄 蒼天
えっ?!?

あまりにさらりとした回答に、しばし言葉を失いましたね・・

黄 蒼天
そ、そうなんですか!?あ、あとは乱視も・・・
黄 龍英先生
あ~簡単

さらり。

真田さんも、さも当然のようにこちらを見ていて。

なんというか、今までの常識がコロンとひっくり返ったようで、しばらく話せなくなっちゃいましたね・・

その後も先生と共通の知人:真田さんとの話は続いて。

黄 龍英先生
Mさんの斜視を治してあげたいんだけどね~
真田さん
斜視って、テリー伊藤みたいな目の人ですか、あれも治せるんですか!?
黄 龍英先生
そ、そ(できちゃうよん。)
黄 蒼天
ぽかーん。

その後もアトピーだったり水虫と花粉症の話だったり。西洋医学の観点ではありえないほどのボーダーレスっぷりで話が展開されていきました。

今でこそ、黄 龍英先生より様々な教えをいただきながら、視力低下、乱視、ドライアイを徐々に改善していっていますが、

よくよく考えれば、西洋医学の視点でいったらドライアイと水虫とアトピーをまとめて話題にするってそうそうありえないですよね・・

実際にご報告も頂いています

それから数年たって、黄 龍英先生より施術頂いた方の中には、

  • 健康診断で0.4->0.8に視力改善した方
  • 初期の老眼が治っちゃった方
  • 視野検査でマイナス6->マイナス3.5に向上した方

などなど、視力関係の様々な問題が解消したという報告を受けています。

知人の近藤君のように、もし視力関係で気になることがあれば、東洋医学をぜひ選択肢に入れてもらいたいなと思うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 蒼天(おう そうてん)

黄 蒼天(おう そうてん)双龍門氣功法伝承者

投稿者プロフィール

過去、腰痛から左足にかけてのシビレが収まらず、一時期は歩くことすら困難な状態に。

以来健康の尊さを身をもって実感し、健康に関する様々な情報を収集しては実践する日々。

ある日グランドマスターの存在を知るやいなや、いてもたってもいられずマレーシア・ジョホールバルに向かい、師と運命的な出会いを果たす。

現在は『双龍門氣功法』の発展を中心に中医学に関する様々な活動を実践中。

双龍門ホームページ管理人。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  2. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  3. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  4. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  5. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
ページ上部へ戻る