力(りき)みを抜く練習中。。。

at the seaside

中国武術を研究し始めてから、いかに体の力(ちから)を抜くかについて、日々実践している。

中国武術を学ぶまで力(ちから)を抜くことの重要性が、イマイチわかっていなかった自分。

しかし人間の潜在能力を開花させるには、いかに力(ちから)を抜けるかが鍵を握っているとわかり、日々実践を繰り返しているわけ。

そのため、最近では意図的に力(りき)みを抜けるようになってきている。

でも、どうやったら体から力(りき)みをなくせるのか。

それがわからない人が多いようで。

自分はたまにソフトボールのピッチャーについて、教えることがあるのだが、肩の力(ちから)を抜いて投げるという感覚を伝えても、教わる方が理解できないという場合が多々ある。

なんで速いボールを投げるのに、力(ちから)がいらないのか?

なんで速い動きをするのに、力(ちから)が必要ないのか?

説明していると相手の頭の中に、はてなマークがいっぱい出ているのがよくわかります。

自分がやってみせて、こんな感じだよと言ったところで、

「それはあなただからできるんですよ。」

みたいな態度をとられるし。(~_~;)

でも自分は誰でもできるようになると思っている。

力(ちから)を抜けるようになるには、自分自身が緊張している状態がどんなものなのかを把握することから始める。

どういう状態が力(ちから)が入り、緊張している状態なのか?

ここを知ることが第一歩。

体の緊張状態がわからないと普段生活をしていて、体の力(ちから)を抜いているつもりでも、実は緊張しっぱなしなんてことが起こる。

そうすると、それがきっかけで筋肉が硬くなり、エネルギーの流れが阻害され、風邪などの症状が出ることもある。

8月に行なう予定の『筋肉講習会』では、力(ちから)の抜き方についても、実習を交えながら説明していく。

肩の力(ちから)が抜けた状態になると、何ができるのか?

『筋肉講習会』で確かめていただければと思う。

詳細についてはまだ後日、発表させていただく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  2. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  3. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  4. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  5. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
ページ上部へ戻る