肋骨って動くんですか!?

20150928-2

『双龍門筋肉調整法』をしていると、今まで自分の中で常識だったことがことごとく崩れていく瞬間がある。

先日は内臓(肝・心・脾・肺・腎)の位置を動かせるということを、『黄龍英(おうりゅうえい)』先生に教えていただいたばかりだったのだが。。。

(内臓(肝・心・脾・肺・腎)が動かせるというのが、自分には衝撃でした(^◇^;))

まだ正式に弟子入りしてから、5ヶ月しか経っていないこともあり、まだまだ体験している事例が少ないこともあるが、今回体験した事例にはかなり驚いた。

自分が初めて体験したこととは?

どんな事例かというと、

『肋骨の位置が移動する』

ということ。

自分がいつものように『双龍門筋肉調整法』を行なっていると、

黄 慶山
あれ?これなんだ??

と思うところに、ボコッとした硬いものが。

施術を受けている方に、

黄 慶山
これは触ると痛いですか?

と聞くと、

「痛いですね。」

とのこと。

これは筋肉のしこりなのかな?と思ったのだが、

すぐに『黄龍英(おうりゅうえい)』先生を呼んで確認してもらうと、

黄 龍英先生
あー。これはこうすればいい。

と先生が肋骨の部分を押さえると、みるみるうちに体勢が変わっていき、

黄 龍英先生
はい。これで大丈夫。

と3分ぐらいで終了。

あとで先生に確認すると、

黄 龍英先生
あれは肋骨だよ。

というのだ。

黄 慶山
あんなところにも肋骨って移動するんですか!(◎_◎;)

もうビックリ!

自分が触った時には、横っ腹ぐらいのところにあったのだが。

それが肋骨だなんて。

先生曰く、

黄 龍英先生
骨が固定されているなんて、思っちゃダメだよ。

とありがたい教えをいただいた。

肋骨が移動した理由

確かに筋肉の役割として、

・骨格を束ねている

というものがあるが、まさにその通りなんだということを、認識する事例。

今回の場合、肋骨周りの筋肉が力(ちから)が弱くなったことで、筋肉が下の方に移動し、それに伴って肋骨も下に移動。

さらに筋肉の骨を束ねる力(ちから)が弱くなったことで、位置を固定することができなくなってしまい、自由に肋骨が動いたことで起きたとのこと。

『双龍門筋肉調整法』をしていると、毎日学ぶことばかり。

今回の事例もバッチリ脳に刻み込んだので、また一つレベルアップすることができたのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  2. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  3. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  4. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
  5. 段々と肌寒い季節となりました。 夏は陽気に満ちた季節でしたが 秋は段々と陰気に満ちる準備の季…
ページ上部へ戻る