肩が痛いのは膝が原因ということも

20151030

筋肉はつながっている。

体の各部位には体を動かすために必要な筋肉が分布している。

その一つ一つが関係性を持って、筋肉は動いている。

しかし現在の医学では、どの筋肉がどのように関連し動いているのか、理解できていない状態にある。

全身にはどのような名称の筋肉があり、どの部分にあるのか。

それはとても詳しく説明されているが、どうやって関わりあって動いているのかは一切教えられていないとのこと。

そのため、肩が痛いと言えば、その部分しか診ないということが起こる。

しかし筋肉はつながりを持って機能しているもの。

なので、肩が痛いという症状の原因は、肩部分だけにあるとは限らないのだ。

肩の痛みは肩が原因とは限らない

なぜそんなことを断言できるのかというと、東洋医学(中医学)の筋肉理論を学び始め、筋肉がどのようにつながって動いているのか理解することができているから。

肩の筋肉は膝裏の筋肉と連絡していて、膝裏の筋肉に病巣ができると、その影響で肩が痛くなるということがある。

また以前に紹介したが、肩が痛い状態でボールを思い切り投げようとして、アキレス腱が切れるということが起こるのも、同様に肩の筋肉と連絡しているからという理由になる。

肩が痛いから単純に肩だけを治療するのでは、四十肩(五十肩)に代表される肩の辛い痛みの症状は改善できないのだ。

つまり肩の痛みの原因は、人それぞれ違うということ。

どこが原因となり、肩の筋肉に影響を及ぼしているのか。

それを11月21日(土)に開催する『肩ケア講習会』に参加される方には、診断してお伝えさせていただく。

『肩ケア講習会』のお申し込み開始は11月1日(日)から。

四十肩(五十肩)に代表される肩の痛みにお悩みの場合、是非『肩ケア講習会』に参加していただきたいと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  2. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  3. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  4. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
  5. 段々と肌寒い季節となりました。 夏は陽気に満ちた季節でしたが 秋は段々と陰気に満ちる準備の季…
ページ上部へ戻る