小顔矯正の謎を解明できた!!

20150725

お休みをいただいて、妻の付き添いでソフトボールのコーチをしたある日。

いっぱい汗をかいたということで、帰りにスーパー銭湯に寄ることに。

自分は試合を見守っていただけなので、お風呂には入らず。

椅子に座って待っていたら、そこでたまたまやっていたテレビ番組で、

『神の手を持つ男!たった10分で小顔に!?』

という感じで、小顔矯正を行っていた。

自分は『双龍門筋肉調整法』をやっているため、どんな施術なのか興味津々。

見ていると一人の茶髪のおじさんが出てきて、口にはマスクをしながら、施術を始めると施術についての説明をし始め、

その説明によると骨のすきまを狭める?

と言っていたような。。。

やり方を見ていると、顔を横から潰したり、はたまた縦に潰したり、頬骨を上から押したりと、顔面をいろんな角度から押しまくり。。。

「はい!できましたよ!」

と見てみると、確かに小さくなっており、専用の定規で測ってみると、1㎝ぐらい小さくなっている。

で、この方に施術してもらうと、一回21万円取られるそうで。(~_~;)

「めっちゃ高い!?(◎_◎;)」

と驚いたのをよく覚えている。

ちなみにこの価格でも、予約待ちの状態なのだそう。。。

それを聞いて、女性の美への投資は果てしないと思ったわけなのだ。

『双龍門筋肉調整法』でも小顔にすることができるのか?

まあ、でもそれは置いといて。

そんなことよりも、自分が興味があるのは『双龍門筋肉調整法』でも顔を引き締められるのかということ。

整形したようにダイナミックには変えられないが、『双龍門筋肉調整法』でも小顔矯正はできるはず。

その番組を見た時、自分はそう思っていた。

だって、顔にも筋肉はありますから。

ただ顔の筋肉はとても薄く、ちょっとしたことで影響が出やすい部分でもある。

しかし、顔の筋肉は体の中で一番複雑な場所。

いろんな筋肉の交差点であり、場所によっては何重にも重なっているのだ。

そのため、押す力(ちから)を間違えると狙った筋肉を改善することができない。

でも最近、顔のゆがみが出ている方が多くなってきており、

「ついに顔の筋肉を攻略する時が来たか!」

と一人息巻いている。

で、結局『双龍門筋肉調整法』でも小顔矯正ができるのか?

ということだが、

はっきり言ってできる!

骨は筋肉に引っ張られることで歪む。

また筋肉の『ねじれ』が発生したことで、筋肉が引っ張られると、筋肉の上にある『皮膚』も、たるんだり、シワができたりという影響が出る。

そのため、筋肉の『ねじれ』を元に戻すことで、シワやたるみの改善にもなるということになる。

もちろんこれは小顔にすることが目的ではなく、顔のゆがみを調整することで、エネルギーの循環を良くし、健康な体を作るために必要なこと。

自分の場合、小顔矯正は筋肉の『ねじれ』を改善する過程でできた副産物ということになる。

これからの課題は、顔の筋肉の完全把握。

お見えになった方がより快適に毎日を過ごせるよう、術(わざ)を磨いていくのだ。

(ちなみに写真は小顔マスクという商品。マスクを使うと顔がゆがむ原因になりますので、正直使用して欲しくない。。。(~_~;))

関連記事:
顔の筋肉と格闘中。。。(~_~;)
小顔矯正を実践した結果。。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 『じゃがバター』を召し上がったことはありますか? よく露店で見かけるかと思います。 現代では税…
  2. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  3. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  4. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  5. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
ページ上部へ戻る