双龍門整体院withグランドマスター

20150526
昨日は京都の双龍門整体院で黄 龍英先生に来て頂き、特別施術を行いました。
 
ベッドがなんとか2つ並べられる程度の小さな部屋に、

私と黄 龍英先生、奥様の美竹先生、兄弟子の諸橋さん、九州から姉弟子も来て下さり、

患者様も全部で10名というものすごい人口密度の中での特別施術となりました。
 
 
普段はお1人につき2時間くらいの枠を取ってゆっくり話を聞き、診察、施術していたのですが、今回は初めて1日で5人の方の施術を行うという事と、しかも時間は1時間ずつしかない…という状況で、
 
なんとか患者様をお待たせしないようにしなければという思いと、初めての緊張とプレッシャーの中で施術を始めましたが、しばらくすると寒型なのに全身から熱を放射しはじめ、頭があまり回らなくなり結局後半かなり患者様をお待たせしてしまうという結果に…。
 
隣では黄 龍英先生がいつものように1人30分もかからず診察~施術を終えられ、汗を噴き出している私を見て苦笑しておられました(^^;
 
 
黄 龍英先生のご助言に助けられ、なんとか5人全員の施術を終えた後、喉がカラカラになっていて気付いたのですが、考えてみると施術が始まってから7時間くらい水も飲んでいませんでした。
 
時間があれば食べようと思って持参していた玄米おにぎりも勿論食べる時間などなく、結局朝起きてから何も食べていませんでしたが、お腹が空いている事も忘れていました。
 
 
でもこの1日ですごくいい経験をさせていただきました。

予約して下さった患者様方、ありがとうございました。

またお待たせしてしまい申し訳ありませんでした。
 
今回の事で自分の診断力の至らなさを痛感し、より精進していく事を心に誓いました。
 
来月も双龍門整体院で黄 龍英先生をお迎えしての特別施術を予定していますので、その際にはもっと診断から施術までをスムーズに行えるように努力していきます。
 
皆様本当にありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄藍青 (おう らんせい)

黄藍青 (おう らんせい)京都:双龍門整体院院長

投稿者プロフィール

>>京都:双龍門整体院予約フォーム

過去に自律神経失調症やパニック障害を体験。

数々の病院を回っても原因不明という診断結果を受け、西洋医学の限界を感じ、東洋医学やヨガ、アーユルヴェーダを独学で実践し完治させる。

『黄 龍英』先生の存在を知った時に、

『今まで私が求めていたものはこれだ!』

と閃きすぐにマレーシアへ飛び弟子入りを志願。

「今度は自分が病気で苦しむ人を救ってあげたい、助けてあげたい!」

という想いを胸に、多くの方々の健康と喜びに貢献できるよう、現在は京都で活動中。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 『じゃがバター』を召し上がったことはありますか? よく露店で見かけるかと思います。 現代では税…
  2. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  3. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  4. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  5. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
ページ上部へ戻る