スポーツは想像以上に体にとって負担になる

20160222

日曜日にソフトボールの練習に参加。

約3ヶ月ぶりにソフトボールをして思ったことは、『体力が落ちた』ということ。

なぜかというと、ソフトボールの塁間ダッシュを2本ぐらいやったら、急に足が動かなくなったからです。

以前ならば、何本もダッシュすることができたので、それに比べると明らかに足が動かなくなるのが早かったため、体力が落ちたのかなと思ったというわけです。

それで月曜日、八王子に戻ってきて『黄龍英(おうりゅうえい)』先生にその話しをしたら。。。

どうやら体力が落ちたのではなくて、筋肉が酸欠状態になったのが、すぐにわかるようになったんだよと教えていただきました。

以前は何本もダッシュを繰り返すことができたのは、実は筋肉が酸欠状態になる感覚が麻痺していたため。

つまり酸欠状態に気づかず、走り続けていたというわけなのです。

で、なんで筋肉が酸欠状態になったのがわかったのか?

その理由は、自分が呼吸法を繰り返し、筋肉の質が改善し、神経も回復。

体の中でエネルギーを正常に回せるようになったことから、酸欠状態になりエネルギーが通らなくなったのを感知できたとのこと。

このエネルギーが回らなくなる感覚は、スポーツ選手にとって、とても重要な感覚。

この感覚が発達することで、パフォーマンスがいつ下がってくるのかを把握でき、改善・維持・向上ができるようになるのです。

自分自身の体のエネルギー状態がわからないのでは、試合中にベストなパフォーマンスを維持することは難しくなり、調子がいいと思っていたのに、急に力(ちから)が発揮できないという事態が起こってくることになります。

特に最近の野球選手を見ていると、前の回まで調子よく投げていたのに、次の回に大崩れして、ストライクが入らなくなったり、大事な場面で力(ちから)のあるボールを投げられなかったりという場面を見ることが多いです、

これは自身の体のエネルギー状態を知る感覚が、麻痺しているということが原因にあります。

スポーツでパフォーマンスを向上させたいなら、まず麻痺している感覚を呼び覚ますこと。

そのためには呼吸法をしっかりと繰り返して、全身にエネルギーを回せるようおになることが大事なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  2. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  3. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  4. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  5. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
ページ上部へ戻る