春と肝臓の関係性

20160412

桜も満開となり、ようやく本格的な春の到来となりましたね。
日中は暖かい日も多く、寒さに弱い私としても嬉しい限りです。

とはいえ、浮かれてばかりではいられません。
まだ朝晩は肌寒く、うっかり身体が冷えてしまったり
お花見や歓送迎会などで食も乱れがち。
また新しい環境でのストレス…。

ただでさえ春は肝臓の熱が上がりやすい時期。

暖かい日と寒い日が繰り返されることが刺激や負担となリ
アトピーや花粉症などの症状が出やすいときです。

「黄帝内経」(紀元前200年頃に書かれた中医学の基礎となる書)
にも

「春は草木をはじめ全てのものが動きはじめる。

その時期は、少し夜更かしはしてもいいが、早起きをして、

庭に出てゆっくり歩き、髪をほぐしゆるめ、体をのびやかにし

心持ちも身体も活き活きと充実させること。

これが春に適応した、養生法である。

もしこれに背くと、肝気を傷め、夏になった時に

寒性の病を生じ、夏に適応する能力を減少させる。」

…というような内容のことが書かれています。

人間も自然の一部。そう考えれば季節に逆らって生きることが
いかに難しく無駄なことであるかが理解できると思います。

ともすれば自然というものを忘れがちな現代、
この事を心に留めてこれからの暖かい季節を過ごしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄藍青 (おう らんせい)

黄藍青 (おう らんせい)京都:双龍門整体院院長

投稿者プロフィール

>>京都:双龍門整体院予約フォーム

過去に自律神経失調症やパニック障害を体験。

数々の病院を回っても原因不明という診断結果を受け、西洋医学の限界を感じ、東洋医学やヨガ、アーユルヴェーダを独学で実践し完治させる。

『黄 龍英』先生の存在を知った時に、

『今まで私が求めていたものはこれだ!』

と閃きすぐにマレーシアへ飛び弟子入りを志願。

「今度は自分が病気で苦しむ人を救ってあげたい、助けてあげたい!」

という想いを胸に、多くの方々の健康と喜びに貢献できるよう、現在は京都で活動中。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  2. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  3. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  4. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
  5. 段々と肌寒い季節となりました。 夏は陽気に満ちた季節でしたが 秋は段々と陰気に満ちる準備の季…
ページ上部へ戻る