足反射区療法で施術開始!

20151102

八王子に来て6日目。

ついに施術に携える事になりました。

まずは足反射区療法から。

諸橋さんのアドバイスを受けながら、入院されている患者さんに施術開始。

前日とは別人のように患者さんの様子も穏やかで、終始和やかな雰囲気で施術ができました。

『足反射区療法〜初級』 のDVDを何度も見て、奥さんや奥さんのお父さんに施術してはいたんだけど、やはり本場はとても繊細で。

  • 患者さんの足との角度
  • 反射区を抑える手の角度
  • 反射区以外の指の位置
  • 支える方の手の置き方
  • 抑えるツボの位置
  • 力のかけ方、体重のかけ方

などなど、一つ一つの動作に細かくチェックを入れてくれる諸橋さん。

これまで数百人と施術をされた、実績と経験に裏打ちされたアドバイスはずしりと響くものがありました。

足反射区でわかる患者さんの状態

重病な患者さんの足を揉ませて頂いて、また諸橋さんの様子を横から見させて頂いて、足反射区の刺激によって、身体の様子がありありとわかることに改めてビックリ。

腎臓から膀胱へいたる反射区を刺激すると、

「○○がピクピク動いてるんですよね。」

という患者さん。

足の内側をズイーッと刺激すると患者さんは悶絶。

これまではそこだけピンポイントで痛むという事がなかったようで、消化器系が動き出しているというのが判断できたり、

肝臓の反射区では絶叫。

まだまだ血が足りないのでたくさん造血してもらわないと。

足は、足反射区と経絡が複雑に絡み合っており、様々な効用を出せるという事が改めて実感できました。

昨日の指摘や改善点を踏まえ、今日もまた『足反射区療法〜初級』を実践。

より一層磨きをかけて、一日でも早く患者さんに元気になってもらわないと、ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 蒼天(おう そうてん)

黄 蒼天(おう そうてん)双龍門氣功法伝承者

投稿者プロフィール

過去、腰痛から左足にかけてのシビレが収まらず、一時期は歩くことすら困難な状態に。

以来健康の尊さを身をもって実感し、健康に関する様々な情報を収集しては実践する日々。

ある日グランドマスターの存在を知るやいなや、いてもたってもいられずマレーシア・ジョホールバルに向かい、師と運命的な出会いを果たす。

現在は『双龍門氣功法』の発展を中心に中医学に関する様々な活動を実践中。

双龍門ホームページ管理人。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  2. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  3. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  4. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
  5. 段々と肌寒い季節となりました。 夏は陽気に満ちた季節でしたが 秋は段々と陰気に満ちる準備の季…
ページ上部へ戻る