双龍門氣功法〜初歩編〜 予約開始!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「○○さんの施術していると眠くなりません?」

患者さんの施術時間とバッティングし、約1時間遅れで夕食を食べていた『黄 慶山』からふとでた言葉。

黄 蒼天
そう!そうですよね!実は僕も眠くなるんですよ・・!
黄 慶山
やっぱりかー、、腎気吸われちゃってるな・・
黄 蒼天
そうなんですか・・だから眠くなるのか・・・

話題の元は、ここしばらく入院されている○○さん。

内養功で自家発電をうながしてみる

昼間様子をみた時は、久しぶりにわりと元気そうで、

これならいけるかなと、”足反射区療法〜初級”からの”内養功”を試してみる事に。

“内養功”ではiPhoneの自動ロックを”しない”にセットし、タイマーをかけっぱなしにして、秒数に合わせて手をたたきながら、

「吸ってー・・・」

「止めてー・・・」

「吐いてー・・・」

・・・

「吸ってー・・・」

「止めてー・・・」

「吐いてー・・・」

と、淡々と繰り返す。

カッツカツにエネルギーが不足しているので、体調がいい時にはできるだけ内養功をやって、身体の内側からしっかりとエネルギーを蓄えられる様にしてもらわないと。

まずはへその下で2分。

その次は足三里に片足1分ずつ。

次に△△、最後に□□と、

1分おきに意識を向けてもらう。

意識を向けてもらうといっても、最初はそうそうできないので、経穴(ツボ)に軽く指をあてて、

「ここに氣を集めるように意識してみてくださいねー。」

と伝えておいて、イメージで集めてもらう。

するとあらびっくり・・

イメージが実現する様を感じて

「これね、大分不思議というか、ちょっとオカルトっぽいといえばぽいんですけどね、人差し指をこうやってたてて、”熱くなれ!”ってイメージをすると、本当に熱くなるんですよね。」

○○さんに初めて内養功を試みた時のセリフ。

○○さんはさすがに「はぁ、、」といったようなリアクションで、

そりゃそうだよなぁ普通、と思いつつも内養功にトライ。

初日の内養功ではほとんど変化はなかったけれど、

数日経って、今日の昼間に内養功やってみたらあらビックリ!

「す、すごくアツい・・・!」

人差し指で患者さんの足三里を触れ、吸ってー吐いてーとしているうちに、

ざわざわざわっと砂のようなノイズのような感触が集まって、明らかにそこだけ温度が上がっているのがありありとわかる。

「うわっ・・・私の指先、熱すぎ・・?」

もちろん熱いのは僕の指ではなくて、患者さんご自身の氣によるもの。

昨日までの体調不良がウソのように、ガンガンにエネルギーが集まっている事がありありとわkったのだ。

足三里に指をおいても、△△に指をおいても、□□に指を置いても、

ざわ・・ざわざわ・・ っと、熱を持ったまっくろくろすけが寄ってくるような。

「この調子ならこれからどんどん体調上がっていきますよ^^」

患者さんのエネルギーの高まりを感じ、安心して夕食の準備をお手伝いしていたのだけれど。

・・・

・・・

その時、、

腎気が吸われる感触

夕食の準備をしたり、他の患者さんがホワイトボードに感想を書いてもらった様子を写真におさめようと、いったりきたりしていると、

○○さんの辛そうな声と、『黄 慶山』の姿がちらりと目に入り。

「お腹が痛い〜、、腰も痛い〜、、左のふとももも痛い〜、、」

昼間とは別人のように、どこもかしこも痛がる○○さん。

黄 慶山
痛いのこっち?あー、こっちね、ここは腎兪だね。

と話しながら背中を揉み込む『黄 慶山』。

“腎”は生命エネルギーの源。

夕方は”腎”の時間ということもあり、痛みが激しくなったようで。

『黄 慶山』が腰の筋肉を調整している間に、腎を助けるツボをモミモミしていると、なにやら力が入らなくなってきて・・

モミモミ・・・

モミモミ・・・

モミモ・・・

・・・

・・・

・・・

・・ウト・・

・トウト・・

ウトウト・・

ふわっと意識が遠のき、患者さんの足に頭がぶつかりそうになる。

『・・・!?』

何が起こったのかわからない。

いつの間にか意識がとんでいたような。

・・・寝ていた・・・?

・・・そんなはずは・・・

けれど、それから数分たつと、同じようなウトウトに。

(なぜにこんなに眠くなるんだろうか・・・)

と思った後の、

黄 慶山
○○さんの施術していると眠くなりません?

という『黄 慶山』のセリフだったのだ。

医療用氣功でエネルギーチャージして

黄 龍英
そう、腎が弱ってるからね。

眠くなった理由を『黄 龍英』先生に聞いてみても同じ回答が。

黄 蒼天
やっぱりそうなんですね。毎朝 氣功やってるからまだもっているんですかね、氣功やらないともっていかれちゃいますね、、

深くうなずく『黄 龍英』先生と『黄 慶山』。

重病な患者さんになればなるほど、エネルギーが不足しているために、施術者から無意識に、エネルギーを吸い取ってしまうようで。

黄 慶山
ここは病気になっても誰も治してくれないので、自分で治さないとですよ。

という厳しい教えを伝えられていた事もあり、病気予防の為に続けていた氣功が、患者さんをサポートするうえでも必須なのだという事を、ありありと実感したのだった。

双龍門氣功法〜初歩編〜 予約開始!

病気予防、体力増進は当然ながら、患者さんのサポートも、リハビリも、実際の施術も兼ねた、一石五鳥も六鳥もある氣功を集めたのが今回の、

“双龍門氣功法〜初歩編〜”。

実際に患者さんへの施術に使っている”内養功”から、

  • エネルギーをためるための氣功と、
  • エネルギーを循環させる氣功の2つにわけ、

それぞれ『黄 龍英』先生が細かく解説した映像も収録。

身体が大分しんどい時、
身体が絶好調でその状態をキープしたい時、
風邪なんてひいてられないぜ!って思う時などなど、

いろんなケースにおいて活躍できるのが、双龍門氣功法。

今回はDVD版なので在庫に限りがあり、
ご紹介できるのは先着100名のみ。

初回販売時には値下げを含む様々な特典をつける予定なので、
興味のある方はぜひ事前登録をお願いしたい。

双龍門氣功法〜初歩編を予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 蒼天(おう そうてん)

黄 蒼天(おう そうてん)双龍門氣功法伝承者

投稿者プロフィール

過去、腰痛から左足にかけてのシビレが収まらず、一時期は歩くことすら困難な状態に。

以来健康の尊さを身をもって実感し、健康に関する様々な情報を収集しては実践する日々。

ある日グランドマスターの存在を知るやいなや、いてもたってもいられずマレーシア・ジョホールバルに向かい、師と運命的な出会いを果たす。

現在は『双龍門氣功法』の発展を中心に中医学に関する様々な活動を実践中。

双龍門ホームページ管理人。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 『じゃがバター』を召し上がったことはありますか? よく露店で見かけるかと思います。 現代では税…
  2. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  3. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  4. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  5. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
ページ上部へ戻る