20150107

火曜日の夜、急遽群馬に戻り、水曜日の午前中にまた八王子に戻ってきた。

群馬と八王子を行ったり来たりしていると、移動時間って本当にもったいないなと思う今日この頃。

そして今年、自分は交通事故に気をつけないといけない年なので、運転するときはかなり慎重になっている。

でも、こう移動が続くと、移動疲れが出て、その影響でドカン!なんてありそうなので、

自分の体力との関係を見て休みを入れながら、時間に余裕を持って移動をするように心がけようと思う。

体温って大事!

さて、話があさっての方向に行ってしまったが、今年に入り、朝体温を測るようになりました。

なんで体温を測るようになったのかと言うと、体温を毎日モニタリングすることで、体調の変化が丸わかりになるからと、『黄龍英(おうりゅうえい)』先生に教えられたから。

で、今年に入り体温を測るようになったのだが、平熱が以前に比べて上がってきていることに驚き!

実は自分、先生に施術していただき、食事改善を本格的に行なう前は、かなり平熱が低い状態だった。

その頃の平熱は35.5度前後。

これってかなり低い。

なので、病気になりやすい体になっていたわけで、今考えると恐ろしいなと。

今はというと、36.4度まで上昇し、本格的に体質改善を始める前に比べて、1度近く上昇したことになる。

おかげさまで体調を崩すこともなくなり、夜遅くまで資料を作っっていても、毎日元気に過ごすことができている。

ただこれでもまだ低い(^◇^;)

ちなみに『黄龍英(おうりゅうえい)』先生から教えていただいた、健康的な体の平熱は『36.5〜37.5度』ということ。

今は37.0度を超えると、風邪っぽいなんていいますが、本来は平熱の範囲内。

近年では低体温の人が増えているため、37.0度になると、なんかだるく感じるということが起こるというわけ。

体温を上げるために、まず行なえることといったら、何と言っても『断糖』。

・なぜ『断糖』が必要なのか?
・『断糖』するとなぜ体温が上がるのか?

この2つについては、また明日。