20151024-1

10月後半になり日が暮れるのが早くなってきました。

あー、冬が来てしまう。。。>_<

最近では気温も下がってきているし、自分の服装も半袖・ハーフパンツ姿からパーカー・長ズボンへと変化しています。

自分の場合、体が冷えやすい体質のため、気温の変化にはかなり敏感。

先週、『双龍門筋肉調整法』をしていると、

「手、冷たいですね。。。」

と施術を受けた方に言われるほど。

その度に、

「手、冷たくて申し訳ないです。。。」

と言ったり、

「手、冷たいので驚くかもしれないですが。。。」

と言ってから施術を始めるなんてことをしています。

今でさえかなり手足が冷えているので、本格的な冬が来る前に防寒対策を万全にしておかないと。

ということで今年もあったかインナーを調べていますが、その話はまた後日。

で、今回は寒くなってくると筋肉にも影響が出るよというお話。

筋肉は気候の変化によって、コリや痛みといった問題を抱えやすくなります。

だんだんと気温が下がってきて、『双龍門筋肉調整法』にお見えになる方の中にも、

「最近、肩がこって。。。」

とか、

「足がむくむんですよね。。。」

とか、おっしゃる方が多くなっていて。

筋肉は冷えるとどうしても固くなりがちなので、エネルギーの流れが悪くなり、コリや痛み、またはかゆみを発生しやすくなります。

この3つの症状は、それぞれ『水』の通り具合により違ってきていて、完全に滞っている場合は『痛み』、少し通っている場合は『かゆみ』や『コリ』として症状が出てきます。

なので、対策としては

  • あまり体を冷やさないようにする
  • 長時間同じ体勢をとらないようにする

ということが筋肉によるコリや痛みを防ぐ方法になります。

今年の冬は例年より暖かくなるなんてことを言っていますが、夏のように気温が上がるわけではないですので、しっかり防寒対策していただき、筋肉を外気から守っていただきたいと思います。