20150920

「慶山、硬いわね〜。」

『黄龍英(おうりゅうえい)』先生と筋肉について質問していたときのこと。

ひょんなことから筋肉の柔軟性の話になり、そこへ『張美竹(ちょうめいちく)』先生が登場。

「これ、やってみて。」

と言われたのは柔軟運動。

どこの柔軟運動かというと、肩。

肩の柔軟運動というと、一番最初に思いつくのは、肘を肩の上の方にあげて、二の腕を伸ばすやつ。

これは結構簡単にできるのですが、反対側の柔軟運動が大事ということで教えていただいたのですが、全くできず。。。(~_~;)

そのときに言われた言葉が、

「慶山、硬いわね〜!(◎_◎;)」

というわけ。

で、なんで肩の筋肉の柔軟性がないのかというと、中学校からずっと続けているソフトボールに原因がある。

自分は上からも投げるし、下からも投げる。

しかも右肩だけをずっと酷使しているため、筋肉が硬いままロックされているとのこと。

スポーツで激しく筋肉を使うと、筋肉に『ねじれ』が発生し、そのままロックされてしまう。

なので、筋肉の柔軟性を保つためには、運動後にゆっくりと時間をかけて、柔軟運動を行うことが大事になる。

(これは一般的にもクールダウンという形で言われていますね。)

ちなみに筋肉の『ねじれ』や『滞り』が起きていない場合は、筋肉の柔軟性は保たれるそうで、開脚やブリッジといったことは簡単にできるらしい。

自分はあまり開脚できないし、肩は硬いしと筋肉の『ねじれ』が起こりまくっている体なんだそうで。

でもスポーツをやっていると、例外なく自分のように、いたるところに筋肉の『ねじれ』が起こる可能性がある。

そんな話を聞いていたら、やっぱりスポーツ選手のために、筋肉の管理方法を提案できるようになろう!と思い、現在新たな筋肉の鍛錬法や柔軟運動について、自分の体を使いながら研究をしているところ。

これがうまくいけば発表して、スポーツ選手の筋肉の管理に役立てていただけたらと考えている。

まだ走り出したばかりなので、発表には程遠い状態だが、出来上がり次第、改めてご報告させていただく。

追伸

STORY.JPで自分が弟子入りした経緯についてのストーリーを書いていくことにしました。

まだストーリーは書いていないですが、興味のある場合は下のURLからご覧ください。

ストーリーのリクエストしていただけると、書く意欲が増します。

[link]http://storys.jp/ou-keisan