20150727-2

毎日、暑い日が続いていますが、暑いと必ず出てくるのが汗(あせ)。

自分は『黄龍英(おうりゅうえい)』先生に出会い、施術やアドバイスをしていただく前まで、汗をかくと着ていた服がびしょびしょになり、絞れるぐらい汗が出ていた。

しかし、体調が改善してからというもの、いわゆるドバドバ汗は不思議とかかなくなってきている。

そんなこともあり、かなり汗には敏感な自分ですが、最近『双龍門筋肉調整法』をしていると、汗のかき方も人それぞれ違うことがわかってきた。

それなので、『黄龍英(おうりゅうえい)』先生に汗について確認してみると。。。

汗のかき方と筋肉の関係とは?

黄 慶山
先生、汗のかき方って人それぞれ違いますけど、それも筋肉の『ねじれ』が関係しているんですか?
黄 龍英先生
大いに関係しているよ。
黄 慶山
そうなんですね。人によって汗のかく場所が違うのは、その部分に筋肉の『ねじれ』や、『滞り』があるってことですか?
黄 龍英先生
そうだよ。例えば背中に汗をかきやすい人は、肩周りや頭や顔に筋肉の『滞り』がある。
黄 龍英先生
そのため、その部分が熱を持ちやすくなり、汗をかくってこと。
黄 慶山
そういうことなんですね!
黄 慶山
じゃあ、汗っかきの人も筋肉の『ねじれ』や『滞り』を改善すると、ドバドバ汗になりにくくなるってことなんですね!

と教えていただいた。

日々『双龍門筋肉調整法』を行っているが、筋肉の状態は体を見ていると様々な部分に出ることがよくわかる。

汗のかき方、皮膚の状態、髪の毛、筋肉の盛り上がりなど、様々な方法で異常を教えてくれる。

そのサインを受け取り、その箇所をどうスムーズに改善していくか。

そこを毎日自分は考えながら、日々『双龍門筋肉調整法』を行っている。

これからさらに術(わざ)に磨きをかけ、お見えになった方を笑顔にできるよう、日々自己研鑽に励んでいくのだ。