気温の変化にはご注意を

20150826

お盆を過ぎてから、急に秋めいてきたなと感じるようになった。

気温は30℃を超えているのに、あまり暑さを感じなくなったり、吹く風が少し冷たく感じるようになったり。

今日は台風が接近していることもあり、自分の地元の群馬では、気温は30度には届かず、雨も降っていないので、過ごしやすくなっている。

しかし日本の夏は短いなと思う今日この頃。

で、気温の変化や気候の変化は筋肉にも内臓(肝・心・脾・肺・腎)にも影響を与える。

特に筋肉は気温の変化には敏感で、暑いと伸びやすくなるので、動き過ぎてしまうという傾向があるが、寒くなってくると逆に固まりやすくなり、動きが悪くなるという傾向を持っている。

また今日のように肌寒く、湿気の多い日には、関節が痛くなるといった筋肉の症状が出やすくなる傾向がある。

筋肉になんらかの症状が出ると、なんだか食欲がわかなかったり、疲れやすかったりといったことも同時に起こってくることがある。

その理由は、筋肉は東洋医学(中医学)でいう『脾』ととても関連が深いことが多いに関わっている。

『脾』は、胃と脾臓という組み合わせになっており、

  • 消化酵素を出す
  • 各内臓(肝・心・脾・肺・腎)に必要な量の『血』を分配する
  • 古くなった『血』を回収して、新しい『血』に創り替える
  • 余った『血』で筋肉を創る

という役割を果たしている。

筋肉に問題を抱えるという状態は、『脾』が弱っている状態でもあるので、消化力が落ち、食欲が出なかったり、『血』の分配がうまくいかず疲れやすくなったりということが起きてくるのだ。

また夏の暑さで弱っていたところに、急に肌寒くなることで、気候の変化に体がついていかずに、体調を崩すということもある。

なので、肌寒く感じたら一枚上着を羽織るといった寒さ対策をしておくことは、筋肉にも内臓(肝・心・脾・肺・腎)にもいいこと。

寒いときは気合でなんとかするということはせず、暖かくしてあげて体を労わることも大事なのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 慶山 (おう けいさん)

黄 慶山 (おう けいさん)皇極龍王拳 勅使(師範代)

投稿者プロフィール

>>双龍門筋肉調整法予約フォーム

『双龍門筋肉調整法』の達人かつ、20年間以上ソフトボールを続ける現役アスリート。

スポーツマンの夢である最強の肉体を追い求め、『筋トレ』こそ最強の肉体を創る唯一の方法であると考えていたが、『黄 龍英』先生との出会いで一変。

伝授いただいた秘技を実施したことでたった1ヶ月という短期間で、

・体重67kg→62kg
・体脂肪率12.3%→6.5%
・骨格筋率37%→40%

というアスリート体型に変貌を遂げただけでなく、ずっと悩んでいた首・腰・膝の痛みも改善。

それからというもの『黄 龍英』先生の弟子となり、日々多くの患者様の悩みを『双龍門筋肉調整法』を駆使し解決にいそしんでいる。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 『じゃがバター』を召し上がったことはありますか? よく露店で見かけるかと思います。 現代では税…
  2. 運命は知ることができる これ以上無駄な時間を浪費して 空回りの人生を送りたくないあなたへ …
  3. 双龍門気功練功会の開催のお知らせ 呼吸法を行うと酸素が取り込まれて脂肪の燃焼を行いやすくなります。…
  4. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  5. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
ページ上部へ戻る