病気の原因は結局3つしかないんだよね

three_things

八王子の同仁堂にいらっしゃる患者さんの症状は、

本当に多岐にわたります。

痛風、腎盂炎、パニック障害、リウマチ、巻き爪、便秘、不眠症、パセドウ病、間質性肺炎、逆流性胃炎などなど。

『黄 龍英』先生の施術を隣で見させていただきつつ、

気になった箇所は都度メモしたり、先生に確認したりしているのですが、

ある患者さんの施術の最中、『黄 龍英』先生が言った言葉が特に印象に残って。

「いろんな病気を何十年も見てきて、
病気の原因をいろいろ調べてきたんだけど、
結局、病気の原因って3つしかないんだよね。

何かと言うと、

  1. 西洋薬
  2. 食事

この3つだけなんだよ。」

とのことで。

1.西洋薬

西洋薬というのは、原料は石油で人体には毒なので、

解毒のために肝臓に負担をかけることはもちろん、

免疫力も奪っていっちゃうので、

例えば抗がん剤なんか打って、免疫力がなくなった後で、

肺炎でサヨナラとかね。

現代医学では肺炎は治せないんですよねー。

現に、死亡原因の第3位は肺炎だったりするし。

認知症の予防も、「薬を飲まないこと」だったりするし。

逆流性胃炎で5年間も薬を飲んでいたことで間質性肺炎になった方もいたり。

ほんと、薬はやめといた方がいいと思いますよ。

##2. 食事

ざっくり言えば、

砂糖、穀類、酒をやめて、肉と油にすればいいということ。

ギャートルズよろしく、もともと人類は肉食だったので、穀類自体の消化がしんどいと。

穀類食べる->
インシュリンで処理する->
処理できなくなった分は臓器の隅っこにおいておく->
ちょっとずつ増えていく
・・これがガンです。

今の日本は特に、欧米食がどんどん入ってるので、同時にどんどん病気も増えてますもんね。

確かに最初は抵抗あったけど、慣れてくると意外に米なしでもいけるもんです。

3.運

大方の病気の原因は、薬か食事なんだけど、

どちらも完璧にこなしていて、それでも体調が悪くなったりするのは、運によるものだと。

その人自身が持っている命式だったり10年ごとに変わる大運だったり。

特に双龍門では “大消耗” と呼んでいますが、1年を通じて疲れきっちゃう年があります。

その入れ替わりは旧暦なので、
特にここ数日で、体調がガラリと変化した体験を持っていたとしたら、
知らず知らずのうちに”大消耗”に突入したのかも。

僕もここ数日、どんよりしたことがあったと思えば、一気に晴れ渡り、もやっとがスッキリに変わった経験をしたり。

明らかな変化を体感した方は、facebook上にもたくさんいらっしゃるようで。

不思議なシンクロニシティが起こってます。

『黄 龍英』先生によれば、
気づける人は早い段階で、11月くらいから徐々に変化しつつあることを感じれるそう。

そういえば、
『黄 龍英』先生の占術の生徒が、
3月後半に占術モニター募集しているそうなので、
興味があればぜひご連絡くださいね。

■占術モニターご希望の方はこちらで登録をお願い致します。 
http://souryumon.com/fortunes-monitor/

PS.

キコウイベント絶賛募集中です。

呼吸を取り入れることもまた、健康には重要な要素で。

いらっしゃる患者さんは総じて呼吸が浅いので、
もっと深く呼吸して、身体燃焼させて免疫力あげていきましょう!

・2016年2月13日(土) 14時〜16時 (八王子(同仁堂))
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTXzDpwnbe

・2016年2月14日(日) 13時〜16時 (京都)
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGiIRnMXze

・2016年2月15日(月) 13時〜16時 (京都)
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGzylTeg

・2016年2月28日(日) 調整中 (名古屋)
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTXzDpwjia

・2016年3月19日(土) 13時〜16時 (熊本) 5,400円
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTXzylTIRnMmm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sejutu senjutsu
thanks otoiawase
mail podcast
community items
黄 蒼天(おう そうてん)

黄 蒼天(おう そうてん)双龍門氣功法伝承者

投稿者プロフィール

過去、腰痛から左足にかけてのシビレが収まらず、一時期は歩くことすら困難な状態に。

以来健康の尊さを身をもって実感し、健康に関する様々な情報を収集しては実践する日々。

ある日グランドマスターの存在を知るやいなや、いてもたってもいられずマレーシア・ジョホールバルに向かい、師と運命的な出会いを果たす。

現在は『双龍門氣功法』の発展を中心に中医学に関する様々な活動を実践中。

双龍門ホームページ管理人。

この著者の最新の記事

関連記事

最新記事

  1. 冬の養生法
    寒い冬の季節を如何お過ごでしょうか? 冬は陰気が極まる季節となり 寒さや乾燥により風邪を引く…
  2. 序章 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『間違いだらけの医者選び~本当の医療とは~…
  3. 特別回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『あなたを取り巻く世界を知る』 約13…
  4. 第7回 つかめ健康と明日 黄  龍英先生による音声配信 『健康を保つには?』 約6分くらいの内…
  5. 段々と肌寒い季節となりました。 夏は陽気に満ちた季節でしたが 秋は段々と陰気に満ちる準備の季…
ページ上部へ戻る